2018年08月08日

ブログ引っ越しのお知らせ☆


スケモブログを始めて以来念願の「横長の大きな写真」が掲載できるブログに
引っ越しました!


これまでこのスケモブログをご覧いただき、ありがとうございました^^


アイスオーレの新しいブログ

↑↑↑

そして引き続き、コチラのほうでどうぞよろしくお願いします!


(当ブログは、来年3月までこのまま残ります)


posted by アイスオーレ at 17:11| Comment(0) | 日記

2018年07月10日

1/20 ウイリアムズFW14B 2



地震・大雨と続いても、こうやって模型を楽しめることが
とても有り難いことだと思います。


・・・・・・・・・・・


102.jpg

「F1マシン、かっこいいよね」 「ニャー ニャー」

・・・またこういうテイストで情景作品作って、今度は高石で飾れたらいいな。



さて



フジミ・1/20 「ウイリアムズFW14B(1992)」 の製作、


101.jpg

今日はサフを吹いた。
赤一色のフェラーリと違って塗り分けがあるけど、うまい具合に
仕上げたいな〜 ^^


posted by アイスオーレ at 17:12| Comment(0) | 1/20 F1モデル

2018年07月06日

1/20 ウイリアムズFW14B 1



フェラーリF189製作、総勢18人のピットクルー製作につづいては、


フジミ・1/20 「ウイリアムズFW14B(1992)」 の製作を開始!


学生時代、いつも通る駅の壁に、ウイリアムズのチームメンバーがマシンを囲んで
並んで写ってるポスターが貼ってるときがあって。

・・・・おおー!めっちゃカッコエエがな!! とね^^

それがいつまでも記憶に残ってる。
マンセルも写ってかな〜? とかは忘れちゃったけど。。。。


fw101.jpg


今回はタミヤではなくフジミのキット。

けっこう複雑な曲線ラインのマシンだけど、いまのところけっこうカチッと
組めている。
なかでも、リアウイングの枠がワンパーツになっていたのは素晴らしい ^^
まあ、数カ所の合わせ目消しは仕方ないところだね。


とにかく


いまになって、「あの時代」のF1マシンプラモが作れることに感謝!

FUJIMI、TAMIYA、 OHYEAH!
ガッドブレスユー!!


posted by アイスオーレ at 17:37| Comment(0) | 1/20 F1モデル

2018年07月03日

1/20 フェラーリF189 6



1/20 フェラーリF189、

今日はピットクルー編だ。


f61a.jpg


彼らもまた、F1パイロットと同じく


f62.jpg



・・・コンマ数秒に懸けるオトコたち!!




カッケエですな^^



f61.jpg

f67.jpg

f70.jpg

f68.jpg

f63.jpg

f66.jpg

f65.jpg

f69.jpg

f64.jpg




フジミ製キット「ピットクルー」A&Bセット。
一応、作りっぱなしではなんなので、サフだけ吹いた。

どうして人間はグレーのままなのかっていうのは、


F1のプラモを絶対キレイに仕上げられるたったひとつの方法教えます 

上の「超音速備忘録」記事内で からぱたさんも述べられてますが

やはりこれは「模型的楽しみ」だよね^^
絵画的というか、画面的というか、マシンを印象的に切り取るというか、、、、

もちろん、全部を塗装して、ピット作業の一瞬を切り抜いたような情景模型も
素晴らしいと思いますけどね^^



それにまあ、クルーの色塗っちゃったら、メインのマシンが埋没してまうだけじゃなく
今後ホンダとかウイリアムズとか作ったときに使えないじゃないか・・・!
という打算もアリで ^^;
(で、もし塗りたくなった時にも、サフ状態だったら便利でもある!)



ということでね、

なによりこのワチャワチャワラワラ感を楽しんでます ^^





今回の写真のほとんどは、奥さん撮影です(笑)

posted by アイスオーレ at 19:59| Comment(0) | 1/20 F1モデル

2018年06月30日

1/20 フェラーリF189 5



さて、ピットクルーまみれになる前に^^
本体だけ撮っておこう。


f52.jpg

ホント、背景変えたりコントラストとか調整しても、
スーパー・イタリアンレッドのつややかな「赤」に映らない・・
だいぶ朱色っぽくなってまう。画像の赤ってムズいなあw


f54.jpg

f55.jpg
↑↑↑
最後のツヤクリアは吹きっぱなしw
(一部、気になってたとこだけ研ぎ出ししたけど)
なのでデカールの段差がちょっと残ってるし、まったくの平滑じゃないけどね。

でもただ、もうじゅうぶんツルツルテロテロなので、この30年近く振りに
仕上げたF1プラモ、ワイはこれで満足やで!^^



f57.jpg
↑↑↑
キットでは、ナンバーデカール等がマンセルとベルガーの選択式。
(WEB上での完成写真はほぼマンセル車みたいなんだけど・・^^;)
今回はベルガーで仕上げたよ。
マンセル仕様は、今後製作予定のウイリアムズで仕上げたいんだよね。


f53.jpg
↑↑↑
マルボロのロゴ部分は空白なので、透明シートに印刷して貼ってみた。
(クリアコートを重ねて多少緩和したけど、さすがに段差アリ)
うちのプリンタの限界で、よく見るとちょっとボヤけてるんだけど・・
まあ、雰囲気出たので良し^^
しかしこのマルボロピンクもくすんじゃってるなあ〜
やっぱ赤は難しい。


f56.jpg
↑↑↑
タイヤ中央のバリ(というのか・・)は、ツメ切りで切っていった。
ツメ切りのアールが、ちょうどいい感じに切れるんだよね。





ということで、あのセナvsプロスト時代以来のF1プラモ製作は、
非常に楽しい^^

当時唯一作ったのを覚えているのがこの

f59.jpg
↑↑↑
レイトンハウス。(WEB画像)
すごくキレイじゃない?
缶スプレーで仕上げたと思う。

その完成プラモはさすがにもういまは無きなんだけど、
今回のフェラーリは、きっとあの頃よりは、

・・・イイ感じに仕上げられたハズ!
と思うよ^^


f58.jpg
↑↑↑
で、やっぱプラモってさ、完成したのを手に取って おお〜、とね
感動できるのが嬉しいのよね。
(それなりに)手間かけて作ったからな〜、ってね、このちょっと
ズシっとくる重さとともに、「目の前に在る」というリアルを感じさせて
くれるのがサイコー^^


先のレイトンハウスもそうだけど、あの時代のF1マシン・・・
デカールも一新して、またいつか再販してほしい。

あ、パリダカマシンも作りたい!
あと、アフリカツインもサイズダウンでプリーズ!


いつまでも待ってる!

TRUTH!




posted by アイスオーレ at 09:37| Comment(2) | 1/20 F1モデル