2015年12月31日

2015年・後半 完成品

2015年も暮れそうなので、今年後半に完成出来たプラモたちをまとめてみよう。

⇒(2015年・前半の完成品)

【7月】
20157.jpg
↑↑↑
タミヤWL・1/700 「輸送艦しもきた」

【8月】
20158.jpg
↑↑↑
ハセガワ・1/72 「対潜ヘリSH−60」

【9月】
20159.jpg
↑↑↑
タミヤ・1/72 「F−16C」 & ハセガワ・1/72 「アメリカ武装搭載作業セット」

【10月】
201510.jpg
↑↑↑
ハセガワCW・1/72 「震電II・洋上迷彩」

201510b.jpg
↑↑↑
ハセガワWL・1/700 「護衛艦きりしま」

【11月】
201511.jpg
↑↑↑
ハセガワ・1/72 「F−15J・戦競2003 ”白龍”」

ハセガワWL・1/700 「ヘリ搭載護衛艦いずも」

【12月】
201512.jpg
↑↑↑
ハセガワ・1/72 「F/A-18F・スーパーホーネット」

ハセガワ・1/48 「T−4・レッドドルフィン」

( バンダイ・1/144 「ゼードラーII 空間駆逐戦闘機」 )



・・・・・・・・・・・・


年内に写真を撮り切れなかった作品もあるけど、またゆっくり撮ろう。
今年も、いろいろな戦闘機が作れて楽しかったな〜。後半は自衛隊艦艇の製作にもトライ
できたし、いくつかをモデラーズフェスに展示することも出来た。
実際にブルーインパルスも見れたし、伊丹空港の公園にもよく寄るようになったし。
舞鶴の自衛艦は、見に行きそびれたな。

思うがままにプラモを楽しめて、今年も本当に素晴らしい1年だった。
模型ライフに感謝!

ありがとう2015年、
ダンケシェーン!
sc.png


posted by アイスオーレ at 14:53| Comment(0) | 年間総括

2015年12月19日

1/72 スーパーホーネット 完成

今年の夏、自衛艦艇模型Myブームまっただ中、ふと手にしたモデルアート誌で掲載
されていた「スカル&クロスボーン特集」を読み、ビビッ!と来て気分転換に購入した
(と思う)

ハセガワ「1/72・F/A-18A スーパーホーネット」

も、なんとか今年中に完成〜^^
やはりなにを作っていても、この2015年も、こころの中には常に「戦闘機模型」が
あったことは間違いない!

sh05.jpg

sh08.jpg

sh02.jpg
↑↑↑
うーん、もう、もう、超絶にカッコエエ・・・!(自画自賛です)

思えばかつて、我が戦闘機模型の入り口だったバルキリー、VF-1S「ロイ・フォッカーspecial
(ジョリー・ロジャースの機体をモチーフにした架空機)」も製作したことがないまま現在まで
来たので、この特徴的な「黒/黄/スカル」で戦闘機を仕上げたのは今回が初めて。

sh01.jpg

とはいえこのマーキングは、スーパーホーネット用「純正」ではないので、正確には
「F/A-18A・ジョリーロジャース」というワケではないんだけどね^^;
(現在、1/72キットが入手困難なので)

このマーキングは「1/72・F−14Aトムキャト(大西洋航空団)」のキットに付属して
いたデカールの余剰分。
(つまり「雰囲気重視」の作品なので「スーパーホーネット・ジョリーロジャース完成」
 とは書かないの!)

いや、とはいえ、とにかく、カッコエエやないか・・!(何度も自画自賛)
これだけカッコよければ、こころが満足すれば、すべてよし。

sh06.jpg
↑↑↑
艦載機は着艦時の大きな衝撃緩和と、短距離で制動を効かせる必要からも、
「ランディングギアがゴツイ」というのが魅力(だと思う)。
なので以前なにかで読んだんだけど、例えば架空機、メサイアやスカイグラスパーなんかの
キットで「着陸脚が太くてオモチャっぽい」なんていう解釈は、ちょっとズレているのかも
しれない。
あえてスケモパーツを流用しなくても、例えばパイピングを施すだけでもかなり雰囲気が出る
ように思う。とくに重装備な機体の場合は、工作次第で太く・ゴツイほどリアル、と言えるかも。
(脱線した^^;)

sh09.jpg

sh03.jpg
↑↑↑
マーキングは、架空(雰囲気重視)ですので。重ねがさね。

sh10.jpg
↑↑↑
F−15よりもさらに寄せて配置されているホーネットのノズル。
(個人的な好みでは、F−14くらい離れているのがイイ)
しかしこれくらい収束されてる方が、いろいろ効率がいいのかな・・?
というようなちょっとしたモヤモヤも、完成するとそれほど気にならなくなる。

sh07.jpg

sh12.jpg

sh11.jpg
↑↑↑
トムキャットよりも、機首がかなり細いことを今回初めて知った。
そしてこのホーネット、エアインテークの位置がかなり後ろに配置されているのが、
少しアンバランスに感じる(個人的にね)。
なので増槽を3本配置して、バランスをとってみた。
そして今回も「非武装」。

sh14.jpg

sh13.jpg


・・・・・・・・・・・・・・


ああ、やっぱり作ってみてよかった「ジョリーロジャース風スーパーホーネット」。
最近は、1/72ではツヤ消しで仕上げると、場合によってはリアルさを損なう感じがして、
主に半ツヤコーティングで仕上げることが多い。あくまでも場合によって。
(1/144サイズ位だと、ツヤは消した方がいいように思う)

あと「退色表現」も状況によっていろいろあるから、それは今後の、来年以降の課題かな。
もちろん、そちらに興味を持てれば、だけどね。

やっぱりエアモデルは楽しいな。
今年もいろいろ製作できたことに感謝。まだちょっとはやいけど。

sh04.jpg

ではまた次回。
ダンケシェーン!
sc.png


posted by アイスオーレ at 12:24| Comment(0) | 1/72 完成品

2015年12月17日

今年も残りわずか

2015年もあと2週間、
ここにきて我ながら、まさかの3アイテム(ほぼ)同時完成しそうな感じ。

kure1.jpg
↑↑↑
ハセガワ 1/48 航空自衛隊T−4・レッドドルフィン

kure2.jpg
↑↑↑
ハセガワ 1/72 F/A−18F・スーパーホーネット

kure3.jpg
↑↑↑
磐梯 (たぶん)1/144 ガ軍空間駆逐戦闘機・ゼードラーII


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


T−4に関しては、製作していたのが5月。
(ハコにそっと仕舞い直したのも^^;)
スーパーホーネットの完成直前、これから暮れに向けて、なにか新規に製作を始めるのも
なあ・・と思い、
じゃあ今年作りかけて(出来たら完成に近くて、かつ)放置中のものをなにか仕上げよう、
という気持ちになり着手。
こちらもあとは、灯火類のクリアパーツをはめたら無事完成。

スーパーホーネットは以前、タミヤ(イタレリ)製のものを仕上げたのが2年前。
そのときもなんと、モデスポ直後に作ってる。
ガンプラメインで、飛行機は思いついた時だけ作っていたあの時より、まあ多少いい
感じに仕上げられるようになったかな。

ゼードラーは、メカコレサイズだけどSホーネット製作の流れで、現用戦闘機風に仕上げ
たくなってついつい着手。
ガ軍メカは総じてグリーンがメインなので、ちょっと変えてみたくなった。
(出来れば年内に、メランカとスマルヒも)



・・・・・・・・・・・・・・・



毎年モデスポ(フェス)に行くと「おお、スゴイ!こういうのを作ってみたい!」という
ような作品に出会えてたんだけど、なぜか今年はそういう、こころに響くインパクトを
感じることが出来なかった。
と言ってもそれは、あくまでも個人的なことであって、今年も作り手の思いがこもった作品
が多数出展されていたことは間違いない。
あくまでも、僕のなかのこと。

ひょっとして「飛行機模型」に辿り着いたからかな。
そのわりには大したもん作ってないけどね。。。。^^;

で、そんな感じで多少気持ちがブレたと思った時は、まず自分の「中心」に戻ってみる。
今の僕の、模型製作の「中心」はやはり飛行機であり「戦闘機」。
製作途中でいつもあれこれ気持ちが揺れるけれど、やはりエアモデルはめっちゃ楽しい^^
つい、旬のオルフェンズの情熱も、ふととんでしまう。
ここからまた、見えてくるものもあるように思う。

ということで今のところ、おそらくこの3アイテムが今年最後の完成品になる予感。
これから暮れに向けては、来年にまたぐエアモデルの製作と、あとはなにかを仮組みしな
がら(時期的にやっぱりSWあたりかな?)
「2015年モデリング」を終えることになりそう。


ではまた次回。
scn2.jpg

posted by アイスオーレ at 10:05| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作