2017年05月30日

FLEET in the BOX

「in the BOX」シリーズの第2弾、今回は

「FLEET in the BOX」、

h3.jpg



・・・「箱の中の艦隊」 とする!^^



h2.jpg
↑↑↑
メインは、1/1250・海自のヘリ護衛艦「ひゅうが」だ。
前の記事でも書いたけど、このエフトイズ艦艇モデルはちょっと組み立てるだけで素晴らしい
フォルムが手に入るのでナイス。
アンテナなど一部を再現したけど、このサイズだと、落下防止網や手すりを再現しなくても
(個人的に)気にならないしね^^


h4.jpg
↑↑↑
久しぶりの海面と波頭製作。
透明ねんど「すけるくん」のひび割れを補修しながら乾燥に10日ほど。
海面の凹凸や波頭は、マットメディウムとヘビージェルメディウムで作り、アクリルのクリアー
ブルーを塗る。奥は暗く、手前は明るめに。
波頭はそれだけでもやや白っぽいんだけど、アクリルガッシュ(白)で強調した。
塗らなくってもイイ感じだったかも^^;
しかしすけるくんの透明度はやはりイマイチ(使い方による)なので、今度は別の表現方法を
考えよう。

遼艦は、ミサイル艇「はやぶさ」を並べてみた。模型ならでは^^



h1.jpg
↑↑↑
全長50mの「はやぶさ」も、このサイズではこのとおり。
これもアンテナ類は伸ばしランナー。


h5.jpg
↑↑↑
フルハルの「とわだ」に付属していた、オスプレイも飛ばしてみる。
これは取り外せるようにした。


h6.jpg
↑↑↑
手芸用コットンの雲も、海面に「影」が落ちるように配置した。


h7.jpg


h8.jpg


・・・・・


本当はフタを閉めた状態で、フタの透明アクリル板の上にヘリを配置して・・・
という目論みだったんだけど、いざ作ってみたら海面の土台にしたプラ板の厚みで閉まらなく
なる(艦橋マストがつっかえる!)という失態^^;

まあ、また今後似たようなのを作るかも。

とりあえず、エフトイズ・キットを使ったジオラマでした。


フライトインザボックス。 
フリートインザボックス。 

ボーイインザボックス。コリー・ハート。
posted by アイスオーレ at 16:02| Comment(0) | エフトイズ

2017年05月19日

FLIGHT in the BOX



それは夢のなかで手にしたもの・・・・



fb1.jpg



fb2.jpg



fb3.jpg


「Flight in the BOX」

〜 その木箱を開けたとたん雲が溢れ、さらに旅客機まで飛んでいた・・・ 〜






百均の木製小物入れにコットン、という単純なつくりだけど、我ながらなかなか
メルヘンチック!(笑)^^;

旅客機は、エフトイズの「日本のエアライン2」より。



fb4.jpg
↑↑↑
今回のラインナップはLCC!
LCCの機体は、カラーリングやデザインがハデめなものが多くて大好きなのだ^^
そのなかから引き当てたのがこの3機。


fb6.jpg
↑↑↑
スケールは1/300なので、ハセガワ1/200模型と比べると半分ちょっとの大きさ。


fb7.jpg
↑↑↑
まずはジェットスターのエアバスA320。
いまのところハセガワ1/200シリーズにはない機体なので、とても嬉しい^^
「ジェットスター」がオーストラリアの会社だからか。
もちろんプラモ化希望!


fb10.jpg
↑↑↑
つづいては、先日1/200でも作ったバニラエア。
ジェットスターと同型のA320 -(ダッシュ)200だ。
これの白バージョンも欲しいところだが、それは1/200をいずれ作ろうと思っている。
キットがあるものは、やはり一から作りたい^^ バニラエアもカッコイイね。


fb8.jpg
↑↑↑
そして3機めは、というかこれを最初に開けたんだけど、
天草エアラインのATR−42−600。
全体とエンジンにイルカのデザインが配されて、なんかカワイイ〜^^
いままでプロペラの機体にはあまり興味が無かったんだけど、これを組み立てている
うちに興味津々になってきた。





伊丹にも飛んでくるようなので、個人的にこれは要チェックやで。
これも1/200(あるいは1/144)でプラモ化希望!

fb9.jpg
↑↑↑
下側にはくまもんも居る。
これは離着陸を見てる側に向けて楽しいデザインだ。


fb5.jpg
↑↑↑
とまあ、量産品のワリにはなかなかの仕上がりで大満足。
また気が向いたら買っちゃうかもしれないけれど、もう店頭在庫も少ないのでムリかな。


フライトインザボックス。 ボーイインザボックス。コリー・ハート。

posted by アイスオーレ at 10:25| Comment(0) | エフトイズ

2017年05月15日

現用艦船キットコレクションSP・とわだ

以前から気になっていた、
エフトイズの「現用艦船キットコレクションSP」を買ってみた。

「SP」と付くのは、これまでのシリーズよりも大型の艦船がラインナップされている
からのようだ。

お店で重さを比べつつ、ブラインドパッケージのなかから引き当てたのが、
補給艦「とわだ」と、ヘリ護衛艦「ひゅうが」。

今日はまず「とわだ」を。


t1c.jpg


「ヘリ搭載護衛艦」もいいけど、「補給艦」の方が気になっていたんだよね。
一昨年の夏、1/700で作ったのが「ヘリ護衛艦」と「護衛艦」で、「補給艦」はまだだったので。

そして今回のラインナップ、フルハルVer.には、オスプレイやヘリなどが付属するので、「ひゅうが」
にも配備可能!というのもイイ^^


t1.jpg

t1a.jpg

t1b.jpg

t2.jpg
↑↑↑
全長13cmに込められた、細かなモールドが素晴らしい^^
付属のヘリ・MCH-101を載せてみた。
艦橋上部には左右に天幕のような張り出しがあるので、プラシートで追加。


t3.jpgt4.jpg



t7.jpg
↑↑↑
アンテナを再現するのに、久々に伸ばしランナーを使ったが、こういうときしかランナーを炙ったり
しないので、毎回結構失敗する^^;
そのなかでもまあ、わりと上手く細くできたものを使った。

t5.jpg
↑↑↑
オミットされている「とわだ」の給油ホースは、電飾用の極細銅線を使用。

t6.jpg
↑↑↑
このサイズ(1/1250)だと、落下防止網や手すりが再現されなくても(個人的に)気にならない
んだけど、艦橋のシルエットが寂しいと思ってしまったので、つい一部「張り線」はこれまた
伸ばしランナーでやらずにはいられなかった。。。。。
オーバースケール気味なのは分かってるんだけどね〜^^;




t1d.jpg

組み立て、ディテールアップからリタッチ、部分塗装、部分スミ入れまで全工程、ヘッドルーペが
必要なミニマム作業がつづいたので、けっこう疲れた〜
(やっぱ細かい作業ほど、集中すると疲れる・・・^^;)

しかしその分、個人的にも大満足!
今回もエフトイズキットは素晴らしかった。(・・ある程度個体差もあるようだけど)


あと、この手のキットはハメコミがキツい部分があるので、そこはムリせずダボをカットして
流し込みセメントで接着するほうがいい。
あとピンセットは必須だけど、2mmほどのパーツなんて、飛ぶよね〜、消えるよね〜(笑^^;)
一部、プラ材で作りなおしたり。

とまあ、パーツ形状など場合に拠ってはすべてピンセットでは作業できなかったりするので、
指先の感覚もなかなか大事だったりします。


さて、「ひゅうが」はせっかくのWLなので、なにか情景を作ろう〜、と思ってるところ。



以下、塗装・スミ入れ前の状態。

sp14.jpg

sp15.jpg

posted by アイスオーレ at 08:38| Comment(0) | エフトイズ