2015年11月30日

1/72 F−15J白龍 完成

今日はしばらく滞っていた、11月度完成作品の記事を。

先日の「モデラーズ・フェスティバル」にも出展していた、
「 F−15J ・2003年戦競 『白龍』 」

hr12.jpg

選んだキットは、ハセガワの「1/72・F−15J」。
そして別売りの、プラッツ製「航空自衛隊 F−15J 2003年"白龍" デカール」
を使用した。
そして展示会当日用に、ひでぞうさんにカッコヨク作ってもらった「スケールモデル・コーナー」
のプレート。実に素晴らしい^^


hr01.jpg

hr02.jpg
↑↑↑
WEB上でこの機体を知ったときから、必ず作る!と決めていたこの「2003戦競・白龍」
今回のモデフェスに出展するということもあり、無事仕上げられた。

この背中一面に描かれた龍、そして国籍マークが「宝玉」ともとれる位置にあるデザインが
いい。戦競で見られる機体の中でも、ここまでハデなのはそうそうないと思う。
(家族からは単純に「不良」「暴走族みたい」と一蹴されたけど。。。。でも)
とても「日本」という国を象徴しているように感じた。

hr04.jpg

hr03.jpg
↑↑↑
いつもなら、ここからウォッシングしてウエザリング仕上げに進むんだけど、今回はデカール
をコートした半ツヤ消しの時点でとどめた。
「白龍」はキレイに仕上げないとね^^
それに展示会で横に並べた「震電II」が、ガサガサのツヤ消し(洋上迷彩)なので、バランス的
にもこれでよかったように思う。



hr05.jpg
↑↑↑
自作の展示台に乗せてみる。
しかしもともとがF−16用サイズなので、少し小さめ。

hr06.jpg

hr07.jpg

hr08.jpg
↑↑↑
誘導員も久しぶりの登場^^
しかしそろそろ、ちゃんと空自制服のフィギュアも作ろうか。

hr09.jpg
↑↑↑
「ドラゴントゥース」もデカールで再現。
機首は竜の顔になっている。

hr10.jpg
↑↑↑
現在世界中で「F−15」は、可変ノズルのアイリス板が外された状態で運用されている。
(イスラエル以外)
そのため30本あるアクチュエイターは剥き出しになっており、海外版のキット等では、
この辺がわりとテキトウに処理・再現されてるんだけど、さすがハセガワ製はちゃんと
それぞれを別パーツ化してる。
今回は精度と手間を考えて、30本とも真鍮線に置き換えた。

hr11.jpg
↑↑↑
戦競機体(のF−15J)で多くみられるのは、増槽1本(もしくは3本)なんだけど、
ここはシルエットの好みを再現した、いわば「オレ白龍」的な部分。。。。
(中央にも増槽を設置すると、スタンドが接続しにくい、という事もある^^;)


最後に、展示会のように「震電II」と並べてみる。
↓↓↓
hr13.jpg

hr14.jpg
↑↑↑
両方とも大柄な機体で、F−16と比べると1.5倍近い。
1/72サイズではこれ位の大きさでないと、展示会場ではより小さく見えてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・

今回は製作を始める際、ハセガワ製と、リリースされたばかりのプラッツ製品のふたつの
「1/72・F−15J」キットが手元にあった。
いいタイミングなので、ぜひプラッツで・・・とも思ったんだけど、こちらのキットはパネル
ラインのモールドが非常にハッキリしており、また太めの部分もあるので、「白龍」の大判
デカールを貼るのは難しいかも(・・・個人的にスキルの面で)ということで、ハセガワ製を
選んだ。

キットに関してはいつもどおりの感触で、パテ埋めや表面処理を地道に進めた。そういえば
この夏には「F−15E」を仕上げたんだけど(あ!そっちまだ記事にしてなかった!といま
気付いた)
それはイタレリ(イタリア製)のキットだったので、やはりハセガワ飛行機はいろんな意味で
繊細だな〜と、改めて思った。
仕上げてみて、いつも通りの自画自賛もあるけど、このF−15(J・白龍)はめちゃめちゃ
カッコエエ・・・と眺めながらウットリする(笑)
まあ細かい、自分にしか分からないようなアラはたくさんあるけどね^^;

というか、このF−15という機体のラインがやはりカッコイイんだよね。
今度はおそらく大判デカールなしで、最新キットのプラッツ・F−15Jを作れると思うと
またワクワクしてきた^^
でもまた、なにかオプションデカールを検討してもいいかもしれない。

とにかく、F−15Jはかっこよかった!ということで締める。

ではまた次回、
ハ・ア・トゥ!!
scn2.jpg





posted by アイスオーレ at 18:19| Comment(0) | 1/72 完成品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: