2016年03月16日

1/24 ピックアップトラック 3(完成)

数年寝かせてた、「ハセガワ1/24・ワーゲンピックアップトラック」
が完成〜^^

pt06.jpg

pt04.jpg

本体の他に追加したのは、
100均木箱の底にタミヤ情景シート(石畳)を張り付けた、簡易ベース
封筒用紙で作ったダンボール3個(取説にゲージがあった)
WEBから画像を取り込み、縮小印刷して作った地図、雑誌とお菓子類
mokei工房製の木箱セットとベンチ
アオシマ1/24・インターセプター付属の、Eパーツ製工具2種類
タミヤ1/24・T−MAX

pt03.jpg

pt05.jpg

いろいろ載せたり並べたりしてから、

pt01.jpg
↑↑↑
全部載せ!(ベース上に)
全体的な「使い古し感」を際立たせようと、絵のなかにキレイなT−MAXを並べてみた。

pt07.jpg
↑↑↑
まあ、なければないで、それもいいと思うけど^^

pt08.jpg

pt09.jpg

pt10.jpg

窓ガラスやヘッドライトは、水溶きパステルを塗り、乾燥後に綿棒で拭き取る。

pt11.jpg

pt12.jpg

pt13.jpg
↑↑↑
天井の劣化具合は、近所の駐車場でこんなサビ具合の車を発見して、本当に感心した。
奥川さん(著者さん)ってばマジですごいと思う。

pt14.jpg



つづいて運転席の小物類。
MG誌(縦約12ミリ)は表紙画を印刷して折り畳み、中にも紙を数枚挟む。
プリングルスは、プラ棒に巻きつけた。
アルフォートはこうして見るとデカすぎるけど、これ以上縮小すると文字が
見えなくって。。。。^^;

pt19.jpg

そして、シート上に散らす。
↓↓↓
pt15.jpg

pt18.jpg

ダッシュボードに挟んだのはパリの地図。日本の地図より「地図」っぽかった。
「パリ在住の、MG誌読者」ってことで^^



「mokei工房」製の木箱とベンチ。
「ランドスケープ〜」でも紹介されていて気になっていたので使ってみた。

pt16.jpg

ベンチは座るであろう位置をヤスって、薄っすら木地の色を出してみた。

pt17.jpg

紙でもプラでもなく、ちゃんと木製の商品で、ピンセットを使い、瞬着で組み上げる。
彩色されていると勝手に思い込んでいたので^^;塗装が必要だった(単なる思い違い)



pt02.jpg
(うっ、荷台がカラだと内側のピン跡が目立つ!消しときゃよかったー^^;)

車体の白とバンパーのシルバーは吹いたけれど、それ以外はアクリル、エナメル塗料の
筆塗り。
あとは綿棒で拭き取ったり、スポンジヤスリでヤスったり、
はたまた塗装しなおしたり。
パステルを溶剤や水で溶いたり、そのまま擦りつけたり。
そしてその都度、様子を見て調整の繰り返し。
とまあ^^

なんとも楽しい、経年劣化「エイジング」カーモデリングだった。
今度はちゃんと、ファレホを用いてトライしてみようと思う。

一応完成記事、としたけれど、今後もあれこれ足したり出来そうな自由度がいい。
今後作るであろうなにか情景モノに、また参加させたい気もする。


そして現在、いままで殆ど意識してなかった「カーモデル」に興味がある。
それもこれも、こういう「ツヤ消しカーモデリングのススメ」なる記事やムック本の
おかげだ。
興味を持つと「ツヤツヤの美しい仕上げ」だけがカーモデルじゃないと気付く(アタリマエか^^;)

もう少し、なにかしらクルマ模型製作が続きそう。

posted by アイスオーレ at 12:12| Comment(2) | 1/24 カーモデル
この記事へのコメント
インターセプターに続き、ワーゲンピックアップトラックの完成、お疲れ様でした。
艶消しのカーモデル、味があって良いですねぇ。更に雑誌や木箱等の小物が在ると、密度感と物語感がアップしてワクワクしてきます♪( ´▽`)
ストックしてあるフィアット500を、「カリ城」仕様の艶消しでやりたくなってきた(^^)
Posted by 44HIRO at 2016年03月23日 00:50
コメント遅れてスミマセン^^;
ツヤ消しカーモデリングって、味も出ますがある程度のごまかしも効くので・・・
楽しいです。
なんかこれを機に自分のなかで、カーモデル全般への道が開けたようです。
しばらくはクルマをいくつか作るかもしれません。
しかし、どんどん興味のジャンルが広がるのはいいんですが、作りたいモノが
さらに増えてしまってどうしましょ、って感じです(笑)
Posted by ヒロさんへ at 2016年03月25日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: