2016年05月28日

1/72 F−14A大西洋空母航空団 完成

ハセガワ 1/72 
F−14Aトムキャット「大西洋空母航空団」アメリカ海軍艦上戦闘機

前回のフジミ製トムキャットに続き、2機めが完成^^

htc18.jpg

htc01.jpg

htc04.jpg

htc03.jpg

htc02.jpg
↑↑↑
机上にF−14が2機並んでいるこの充実感ったら!
作ってヨカッタ^^


htc12.jpg
↑↑↑
今回の誘導員はフジミ製。

htc06.jpg

htc07.jpg
↑↑↑
ハセガワ製よりもキチッとした造形だった。そしてもうひとり、

htc05.jpg
↑↑↑
画像に、放射状のぼかしをかけて、、、、

htc17.jpg
↑↑↑
セピア調に調整。ちょっとTOPGUN(トニー・スコット)っぽくしてみた^^


htc11.jpg

htc10.jpg
↑↑↑
フジミトムではオミットされているのが、このエアブレーキ。
まあ、なくてもいいけど在ったら嬉しい。とりあえずパーツ分けされていたら開いて
おこうか、と思っちゃう。
そしてあまり好きじゃなかったA型ノズルも、こうやって見るとなかなか味がある!と
思えてしまうからフシギ(笑)

htc14.jpg
↑↑↑
今回導入したMrウエザリングカラーで描いた、パネル汚し。
色味が変わったのはこれが原因だけど、1機めより多少はスキルアップしたかな?
という(あくまでも)自己満足感を得ている^^;
油彩ベースでの汚しは面白かったので、3機めはさらに基本色から少し変えてみよう
と思う。


今回は展示ベースに繋ぐ、3mm径穴を開けた。

htc08.jpg
↑↑↑
武装の仕様は前回と同様。
フェニックスはフジミトムのもので、サイドワインダーとスパローはハセガワ武器
セットのもの。

htc16.jpg

htc15.jpg

htc21.jpg


今回は我ながら、そこそこイイ感じに仕上げられたと思うんだけど、フジミトムや先日の
シーキング(ドラゴンモデル)のキット仕様などを見ていると(さらにはタミヤの新規
F-14キットの報も・・)、
現状「飛行機のハセガワ」にしては、ずいぶんと後塵を喫しているように感じた
(偉そうでスミマセン)。
けれど最近のF−35キットのように今後は「仕様替え」ばかりではなく、トム始め
(いや、ここは身勝手だけど僕好みの)ジェット戦闘機たちが、新規にリリースされていく
ことにも、めっちゃ期待している。

あと、個人的にはパイロットや武装もある程度揃ってくれてるといいな。
まあエアモデルの需要全体を考えると、そんなのを発売してくれるだけで涙が出そうなほど
嬉しいんだけどね。
今後もかわらず、ハセガワを応援してる。


さて、やはり学生時代に観た「TOPGUN」の刷り込みは大きい。
あの頃は作れなかったものを、いまなら仕上げられる!という喜びも大きいしね^^
ということで、まだまだ続くかもしれない(My)トムキャットブーム。
3機目のトムキャット(またフジミ製)も、すでに控えてる。

でもその前に、この2機とともにシーキングを!

posted by アイスオーレ at 11:25| Comment(0) | 1/72 完成品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: