2016年11月29日

1/72オスプレイ 完成

8月から作り始めた「ハセガワ1/72・オスプレイ」が、ようやく完成〜^^

op01a.jpg

なんとか年内に、ギリギリにならない内に完成出来た。他にも年内に完成させたい
ものは多いんだけどね。
このオスプレイに関しては、作業再開してもすぐF−2などの製作に流れてしまった。まあ
(僕の場合)F−2なら仕方ないんだけど。
カッコイイし、あの時なにより「シン・ゴジラ」にも出てたしね。
そうだ、今年はそんな熱い夏だったな〜。。。。。^^;


op02.jpg

op03.jpg
↑↑↑
近年のハセガワエアモデルの多くには展示台が付いてて、これがなかなかナイス。
やっぱ飛行機モデルなんだから、浮かせて展示したい気分のときもある。
(とはいえ、ランディングギアは出しておきたい^^)


op04.jpg

op04a.jpg

op05.jpg
↑↑↑
そしてカラーリングはご覧のとおり、ドクロをしょった厨ニ風 ^^;
(いやいや)
まあ、今年はジョリーロジャース(スカル&クロスボーン)の1/72・トムキャットを
2機仕上げた(ハセガワ・フジミ)ので、一緒に並べたら楽しそうかな〜、という流れ
でこうなった。
洋上迷彩、陸上迷彩の「if仕様」もカッコイイけど、クロスボーンのデカールも余ってたし、
なによりオスプレイ、地味な印象が強かったから(個人的見解)
我ながら、なかなか気に入ってる^^

そう、模型は自由なのだ!



せっかくなので久々に、フィギュアと撮ってみた。

op06.jpg

op07.jpg

op08.jpg

op10.jpg

op11.jpg

op12.jpg

op13.jpg
↑↑↑
やっぱりフィギュアは作っとくもんだね〜^^
ひとが絡むと楽しくなる。
それとこのキットにはランナーの構成上、パイロットが計4名分も含まれる。
慢性的なパイロット不足の1/72エアモデルにおいては、なかなか貴重だ。


opex.jpg
↑↑↑
ちなみにウイング部分を固定しなければ、このように格納時のポジションにも出来る
仕様になっている。
その場合、ブレードは折り畳み状態に加工しなきゃ、だけどね。

うん、折り畳みブレード付属で「オスプレイ・格納仕様」もしくはコンパチでキット化して
くれないかしら。。。。。^^
もし2機めを作るならそうしたいなあ。


op09.jpg
↑↑↑
TOP画像にもした、今回のお気に入り画像。なんかちょっと、外で撮影したように見えるのが
いい感じ。

SFっぽいシルエットのオスプレイ、カッコイイんだけど、なんだかんだでいろんな作業の
後回しになってしまった。
今年もそれだけ、魅力的なキットのリリースが豊富だったことと、今年はさらにいろんな
ジャンルにアンテナが向いたことも原因だろう。

でもなんとか仕上げることが出来て、嬉しい限り。
全長約25cm、さらにブレードもあるから立体的にかさばるけどね。
いや、今年はかさばるキットをけっこう作ってる!^^;

ウイング・ブレードを分解して、まあなんとかハコに収められるのが救いだ。

さあ、またかさばるキットを仕上げよう。




posted by アイスオーレ at 10:38| Comment(0) | 1/72 完成品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: