2017年01月23日

1/200 ANAボーイング787-8 完成

78701a.jpg

2017年、1作目は
ハセガワ 1/200・ANAボーイング787−8「ドリームライナー」。

模型全長は約28cm。以前仕上げた1/200ベアドゥ2機は、ともに比較的小型の機体だったので
今回はボリューム的にも大満足!
全体の大きさは、1/48・F−16に近い。

78701.jpg

78702.jpg

78703.jpg

78704.jpg

78705.jpg

78706.jpg

78710.jpg
↑↑↑
ああ、もうチョーかっけえわ(自画自賛)^^

伊丹空港、並びにスカイパークで離着陸を見続けて、とうとう「787を見ること」が一番の目的に
なったこの頃。
今回ようやくこの「787」を仕上げられたのが嬉しくって、思わず写真もいっぱい撮ってしまった^^;

左舷のアングルが多いのは、スカイパーク目線だから。
離陸のときなんて、まさにこの感じ!



78707.jpg

78708.jpg
↑↑↑
通称「ANAブルー」の帯は、機体の曲面に合わせ、数カ所カットしながら貼っていった。
それでも一部、塗装が必要な個所が出てしまったので「特色セット」に頼ったんだけど、薄い方の
ブルーの塗料が若干濃かったので少しばかり調色した。(デカールの水色が、比較的薄い感じ?)
全部塗装するなら気にならないのかも。


78711.jpg

78717.jpg
↑↑↑
ON滑走路。
1/72でも使っている簡易ベースだけど気にしない!
ちゃんと機首に重りを入れておいてヨカッタ^^



78709.jpg
↑↑↑
TOP画像の加工前。


78712.jpg

78713.jpg

翼の前縁には、ハセガワのミラーフィニッシュシートを貼ってみた。
以前ベアドゥドリームに貼ったらけっこうトイ感が増してしまい。。。。
とはいえ、機体が大きくなったらどうだろう?と今回も使ってみたら、これまたなかなかのダイキャスト
モデル感が^^;

しかし塗装するよりもけっこうインパクトがあるので、これはこれで捨てがたい。
個人的には気に入っているので、次回もなるべく大きめの機体には使ってみようと思う。

78714.jpg
↑↑↑
ANAも基本キレイな機体が多いんだけど、尾翼下は雨垂れ跡くらい付けた方がよかったかも。。。



787のエンジンは、「ロールス・ロイス・ホールディングス製トレント1000」もしくは
「ゼネラル・エレクトリックのGEnx」。(これらのエンジンも国際共同開発)
旅客機のエンジンは、制動時に中央が開くのもカッコイイんだよね^^

787001.png

787002.png
↑↑↑
ホントはエンジンファンの中央に渦巻き模様があるんだけど、デカールを貼るにも塗装するにも
いいアイデアが浮かばず・・・今回は見送った。
今後の課題だなー。


ij4.jpg
↑↑↑
ということで、
実際に見たあの機体が目の前に・・・!
というのがいまのプラモ製作で、最大の喜びとなっている。

年初に787を仕上げられてもう最高^^
今年はいままで以上にエアモデルを作りたいなー、と思う。

posted by アイスオーレ at 11:56| Comment(0) | 1/200 完成品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: