2017年02月11日

1/48 F−16F 1

1月は旅客機を2つ作ったので、今回は久々にジェット戦闘機を製作中。

ハセガワの1/48、F−16F(ブロック60)ファイティングファルコンだ。

f16f.jpg
↑↑↑
背骨部分の、電子機器がつまったドーサルスパインと、両側に設置されたコンフォーマルタンクが
目を引く。
さらに各部に増設されたセンサー類からも、通常のF−16の重装備型、というイメージが強い。
以前1/72サイズで(近い形状の)F−16Iを仕上げたけれど、今回は1/48サイズなので、やはり
ボリュームがあるのが嬉しい^^

キャノピーはスモークなんだけど、画像検索でオレンジっぽく写ってるのが気に入ったので、今回は
クリアオレンジを吹いてみた。
でもちょっとステルス機っぽいなあ。。。。^^;まあいいや。


f16f3.jpg
↑↑↑
いつもはカ−キドラブ系のパイロットも、今回はキット仕様に合わせUAE(アラブ首長国連邦)風に
塗ってみた。
塗装前にキャノピーを接着するので、いまのうちに撮っておく。


f16f2.jpg
↑↑↑
各翼パーツではオミットされている「放電索」を、今回も再現。
以前の頼りないポン付けではなく、翼側を細く削り接着面積を増した。リード線被膜でカバーも設置。
ノズルは下地のシルバーだけ塗っておいた。
こことキャノピーをマスキングして、全体を塗装する。

しかし寒い。
早くエアブラシで全体塗装したいんだけど・・・・もう少し気温が上がってからにしよう。

あせらない、あせらない。


posted by アイスオーレ at 19:53| Comment(0) | 1/48 戦闘機製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: