2017年08月21日

天王星と海王星

この夏に出来た新しいタグ、「宇宙モデリング」

スペースシャトルはまだしも、発泡スチロール球を使って惑星を作ってみよう、なんて
昨年の夏はおろか、直前まで思いもしなかった。

まさに、オサーンがやってる「夏休みの自由研究」^^;
(凸凹のお店でもそんなこと言われた。。。。)



そんな惑星シリーズ、今回は「天王星と海王星」だ。

前回「スーパー・アース」を作ったが、今回も「青い惑星」。
初めに作ったイオのような、殺伐とした色合いの荒涼とした星はどうも・・・な気分なので
命、あるいは水をイメージさせる惑星を選んでいる。
(クレーターの、いい感じな表現方法などがまだ思いつかない、というのもある^^;)



さて


n11.jpg
↑↑↑
海王星と地球、大きさの違いはこれくらい。(Wiki画像)


n10.jpg
↑↑↑
そして、太陽系全体の惑星を並べるとこうなる。
天王星と海王星は、ほぼ同じくらいの大きさだ。

天王星の、赤道面での直径は、51,118km。海王星は、49,528km。
今回使った発泡スチロール球は、直径7cm。

今回の縮尺率は天王星を基準にしたので、

約730,257,143 分の1 (1 / 7億3025万7143) スケール
とする!

あいかわらず億単位のスケール表記は、書いてて滑稽だ。(以前8cm直径で作った木星は、
約・1/18億スケール^^)



では、天王星から。

n06[1].jpg

「天王星(Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星。
 太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目の大きさ。」

「天王星の大きな特徴の一つとして、自転軸が挙げられる。
 自転軸の傾きは98度、黄道面に対し『ほぼ横倒し』に倒れているが、なぜこれほど傾いて
 いるのかは分かっていない。」(Wikiより)

・・・と、なぜか横倒しになっているらしい天王星。
南半球(左側)にある薄っすらとした線状の雲と、北半球(右側)に見える明るい雲も再現
してみた。

n05[1].jpg

「主にガスと多様な氷から成っている。
 内部は重い元素に富み、岩石と氷からなる核のほか、水やメタン、アンモニアが含まれる
 氷からなるマントルで構成されていると推測されている。
 そのほとんどが水素とヘリウムでできている、木星や土星とは対照的。」

「従来『木星型惑星』に分類されていたが、現在は『天王星型惑星』として分類されるように
 なった。」

「また、自転軸の傾きのため、極周囲の方が赤道周囲よりも太陽からの熱を受けているが、
 奇妙な事に、赤道周囲の方が極地よりも温度が高く、この理由もまだ解明されていない。
 また、公転周期が『84.25301年』なので、極点では『約42年間、昼または夜が続く』
 ことになる。」
(Wikiより抜粋)




つづいて、海王星。

n03[1].jpg

「海王星(Neptune)は、太陽系の(太陽側から)8番目の惑星。
 太陽系惑星の中では、最も太陽から遠い位置を公転している。」

「ボイジャー2号の接近時(80年代後半)に、表面に『大黒(暗)斑』と呼ばれる、台風の
 渦巻きの様な模様が発見されたが、94年にハッブル宇宙望遠鏡がとらえた海王星には
 消滅していた。
 海王星の風は、最大で時速2,000kmにも達し、太陽系の中でも最速の部類。」(Wikiより)

・・・こちらも、大きな雲の渦と筋雲、点在する雲を描いてみた。

n02[1].jpg

「直径は49,528kmで、これは地球の3.88倍。
 巨大な『氷惑星』で、太陽から非常に離れているため、わずかな熱しか受けていない。
 内部の構造は天王星と似て、氷に覆われた岩石の核を持ち、厚い大気が存在していると
 考えられている。(天王星型惑星)」

「木星や土星同様、内部に放射性元素の崩壊と考えられる熱源を有しており、太陽から受けて
 いる熱量の約2倍ほどの熱量を、自ら供給している。」

「天王星と同じく、大気に含まれるメタンの影響で、美しい青色をしている。
 天王星に比べ、より青みが深い理由は、未知の化合物によるものと考えられている。」

「46.8゜自転軸から傾いている。
 ハッブル宇宙望遠鏡で、表面の変化が観測されており、地球同様に季節がある可能性を示唆
 している。」(Wikiより抜粋)


・・・と、今回も自由研究感をたっぷり満喫したモデリングでしたとさ。



n01.jpg
↑↑↑
今回は、それぞれ全体の色味と、それに合わせた雲の色を調整するくらいだったので、ワリと
すぐ仕上がった。
ただ、ガスに覆われた星なので、もうちょっと表面を滑らかに出来なかったかな〜、というのが
こころ残り。


n12.jpg
↑↑↑
製作途中の海王星と、天王星の芯になる発泡スチロール球。



n07.jpg
↑↑↑
最後は「2001年」風に。逆光で加工してみた^^
もちろん、こんな感じに並ぶこともなければ、太陽も遥かに遠いのでもっと小さいらしいんだけどね。
まあ、これこそが模型的な楽しみだ!



posted by アイスオーレ at 14:38| Comment(0) | 宇宙モデリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: