2017年08月26日

1/144 ルフトハンザ・エンブラエル190 1


4月のトリプルセブン以来、久々の旅客機模型製作!

今回は2回目の「エンブラエル(ブラジルの航空機メーカー)」の旅客機模型で、昨年9月に
仕上げた「J・AIR」以来。

⇒ 完成記事

前はハセガワ製キットだったけど、これはドイツレベル製のキット。

「ルフトハンザ・リージョナル」という、ヨーロッパを中心とした路線を運航する、
ルフトハンザの子会社が保有している機材だ。

「リージョナルジェット」とは、短距離輸送用ターボファンエンジン搭載航空機で、
「地域間輸送用旅客機」とも言われる。
一般的には旅客数は最大100名程度で、必要な滑走路も短く低騒音な小型ジェット機のこと。
(Wikiより)

そんな小型ジェット模型なので、1/144スケールでも全長は約25cmほどだ。



e11.jpg
↑↑↑
1回目の記事だけど、すでにデカール貼り中。。。。。

旅客機模型は(僕のセオリーでは)手数が少なめなこともあって、非常にのんびりした気持ちで
製作できる、というイメージがあって非常によろしい^^
もちろん、慎重を要するところもあるけどね。

ということで、おそらく次は完成記事でしょう。



さて、



今回は、そんなに見ることのないであろう、これら海外製キットのパッケージやインストを
載せてみた。
まあ、あまり興味ないだろうけど、こんなのですよ〜〜〜^^


e12.jpg
↑↑↑
外箱。レベルに限らず、ハコの横から開ける仕様が多いと思う。
ちょっとしたことだけど、日本のように「パカ」っと開かないので、初めはちょっと手間に感じた^^;



e13.jpg
↑↑↑
インスト表紙。
ちなみに「ドイツレベル」は、世界最大規模の模型メーカーだそうだ。
日本の輸入代理店はハセガワ。(Wikiより)

表題は英語表記。外箱にもあるが、製作の難易度が記されているのがなんか楽しい^^



e14.jpg
↑↑↑
「製作上の注意」のページ。
最近の国産キットのインストもそうだけど、見て直感的に理解できる仕様になってるので、
非常に分かりやすい。



e15.jpg
↑↑↑
カラーレシピは、いろんな国の原語で書かれている。
日本語表記はないので、英語表記でなんとか確認する。
このページを見ると、いろんな国に輸出されてるんだな〜、と思う。
ガンプラ等国産大手メーカーのキットも、そうなのかな?



e16.jpg
↑↑↑
製作過程も、見るだけで理解できるようになっている。
さらに旅客機模型だから、より分かりやすいのかもね〜。。。。



e17.jpg
↑↑↑
裏表紙は、カラー表記とデカールの配置図。



と、こうやって改めて確認してみると、全ページフルカラーじゃないの!
素晴らしい。

ドイツレベルのキットはパーツ精度も高いし、ホント組みやすい。
(このキットは新製品ということもあって、さらにいい気分^^)

そして現在は、安心して海外製キットも作れる時代なんだ、っていうのが本当に嬉しく、
モデラーとして幸せだ。

ありがとう、ドイツレベル!

posted by アイスオーレ at 19:15| Comment(0) | 1/144 旅客機製作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: