2018年02月20日

トムキャット模型


冬の間はツキイチ更新になるこのブログ^^;


さて、


トムキャットの最新模型と言えば、去年暮れに発売された

ファインモールド製のF−14Aトムキャット。



fmt.jpg
(WEB画像)


まだ買ってないんだけど、やはりトムキャットは飛行機モデラーとしては僕も
例にもれず、特別な存在のひとつだと思う。


で、そのしばらく前に模型雑誌「モデルグラフィックス」のマガジンキットとして
ファインモールド製のトムャット・キットが三月連続で付属しまして


mgt.jpg(WEB画像)


fa02a.jpg
↑↑↑
このキット内容が、ランナー状態でとても感動的だった。
パーツ構成や各パーツがとても繊細で、美しい!とすら感じた。

なので僕の場合は、3号連続で普段よりもお値段高めのモデグラだったけど、
そんなことも吹き飛んだくらい。
ここはもう、どれだけトム好きかで印象も大きく変わるところだろうね。


そんな感じでいまだに作るのをためらっていたんだけれど、今回商品化された
ので。。。。今年はいよいよ作り始めるか!という気分になってきた。
いまのとこ、ちょっとだけね^^

まあ、まだ僕にとっての優良トムキャット模型のフジミトムがもうひとつ
あるから、それ仕上げて以後かな。





実はマガジンキット付属時の掲載記事では、
「このトムキャットは今後、商品として発売しません」
と書いてあってね。
なので当然と言うか、今回の発売についてよくない印象の意見のレビューを
書く人もいる。「騙された!」とかね。



でも僕はこの記事を読んだとき
「なに!こんな素晴らしいキットなのになんともったいない・・」
と思ってたので今回は嬉しい限りでね。

確かにメーカーの主張は翻ってしまったけど、ここはほら、やっぱりこんな
素晴らしいキットを開発してくれたことにまず感謝したいと思うし

なによりきっと、失礼ながらそんなに大きな企業じゃないと思うのね、
ファインモールドって^^;
やむにやまれぬ事情でキット化に踏み切ったのかも知れないじゃない。
逆に今回の件で、ファインモールド大丈夫だろうか?これからも長く良い
キットを出してほしいのでがんばって〜・・・ とも思うじゃない。
そっちの気持ちの方が強いわ。


はたまた、ひょっとしたら発言した開発者さんが、そのメーカーの上司に
「・・それはチミ個人の意見だろう!?チミひとりで責任取りたまえ!」
なんて言われたのかも知れないじゃない(これこそ妄想か)

まあ、そんな悪役風上司が居たとしてね^^;


なにより、このマガジンキットの内容は感動的だった。
そしてファインモールドと言う会社が、そんなキットを作ってくれたことは
まぎれもない事実だ。
とにかく関係者じゃないと実情は分からないからさ。

なので表面の出来事だけを見て反射的に批判するよりも、そこは逆にね、
いち模型FANとして、応援したいと思うよ。



ではまた、暖かくなりましたら^^







posted by アイスオーレ at 19:06| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作

2017年12月18日

1/72 F−4B 1


前回のラプター以降、しばらくガンプラ・SWばかり作ってたので
久しぶりのエアモデル。

「ハセガワ 1/72・F−4 B/N ファントムII」 だ。

年も押し迫った時期だしなにより寒い(塗装が億劫)ので、年内に仕上げられるか
どうかは分からないが・・・・
久々に戦闘機模型製作を進めたくなったので仕方ない^^



fa1.jpg

思えばファントムって仕上げたことないから、新鮮な感じ^^
(今更ながら)
キットはB型とN型の選択キットなので、デカールの好みからB型の
「シルバーイーグルス所属機」で仕上げようと思う。



fa2.jpg
↑↑↑
そうだ!こたつが大型化してから初の戦闘機模型製作だ^^

いまのところは表面処理、1回目の合わせ目消し、そして数カ所パテ埋め。
スキマが埋まってたらサフを吹きたいんだけど・・・

寒いからなあ・・・

出来るかなあ・・・^^;

posted by アイスオーレ at 18:03| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作

2017年10月05日

1/72 F-22ラプター 3


年初にGETした、タミヤイタレリ製・1/72ラプター製作記事の3回目。



jg23[1].jpg
↑↑↑
今回のラプター、モデルカステンの「ステルス・グレー1」を使ってみる。
モデルグラフィックスに載ってた。

r31.jpg
↑↑↑
機体の縁、シルバー部分をマスキングして吹いてみる。
うん、なかなかイイ!
下地色によって色味が変わるこの特色。今回の下地は、サフのライトグレー。


r32.jpg
↑↑↑
上面は迷彩柄があるので、久しぶりにひっつき虫でマスキング。
ブログを読み返してみると、このひっつき虫はちょうど2年前から使っていた。
どうりで剥がれにくい・・・と思ってたんだよね。たぶん塗料が混ざるたびにそうなる
のかも。
ということで、今回使用した分は破棄した(長いことありがとう)。
もう1個あるからね。


r33.jpg
↑↑↑
こうなった。
写真では微妙な迷彩となったが、これぞステルス!
肉眼で見ても、まあ許容範囲^^

ステルスグレー、なかなかやる!


posted by アイスオーレ at 18:45| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作