2017年02月16日

1/72 F−15J 1

これまた作ろう作ろうと思いながら保存していたのが、

ac-16.jpg

プラッツ1/72・F−15J、空自のイーグル。
「1/72・F−15キット」製作は、タミヤ(イタレリ)、ハセガワに続いて3機めだ。


f15102.jpg
↑↑↑
長期に渡って、ボチボチと組み立ては進んでおり、あとは塗装!というところまで来ていたんだけど、
その「あともう少し」がなかなか盛り上がらなかった。これぞ模型あるある。

それがふと思いたって塗装をしたのが、昨年12月上旬。(上の画像)
しかしツイッターには載せたが、これまたブログを書くまでには至らなかった。

フラットブラックで立ち上げ、308(FS系グレー)を吹いたらなんか満足してしまい、ふたたび
落ち着いてしまった。⇒再度ハコへ


f15101.jpg
↑↑↑
そして今回、F−16F塗装きっかけで、こちらも再開することに。
久しぶりに「ひっつき虫」でマスキング。TV見ながら約1時間弱。ここが、気分がある程度盛り上がって
ないとキツいところなんだよね。。。。。(まあ、無事クリアですが^^)

この2色めグレーは308(FS系)を吹いたが、前回の色が濃かったため、けっこうなコントラストが
付いてしまった。
そこでマスキングを外し、薄っすら308を吹くと・・・・いい感じに差が薄れた。(上の画像)
色の境界線あたりもわりと満足。


ちなみにこの「プラッツ・F−15J」は、なかなかのスジ彫り具合なので、スミ入れ・フィルタリング
はしないつもり。(かなり強調されそうなので)
なのでいつものエナメルではなく、パステルやマーカー中心で汚していこうと思う。



posted by アイスオーレ at 10:31| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作

2017年01月12日

1/72 F-22ラプター 1

タミヤ・イタレリ「1/72 F−22ラプター」

f221.jpg

カッコイイよねラプター、これが「支配戦闘機」だ!
・・というところから、今回も作業が始まる^^
ステルス機特有の薄っぺらく、かつウエポンベイによるボリューム感がなかなかイイ。
YF-22ぽく塗っても面白そう。
(YF-22は、ラプター形状 + ブルーエンジェルスカラー的だ)

パーツの貼り合せは慎重に。エアモデルのボディ分割はけっこう大まかなものが多いが、ラプターは
形状もあってさらに単純だ。これを、「味がある」とも言う。イタレリだしね。。。

あとで細かい部分の調整はあるものの、とくに大きなディテールアップはしないので、この辺りの
作業ものんびり出来る。

なにより、いまのメイン作業は「787」なので、ゆっくり進めまーす。

posted by アイスオーレ at 09:32| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作

2016年09月23日

1/72 HH−60Dナイトホーク 2

ペイブホーク風・ナイトホーク製作の2回目。

系列的にも昨年仕上げたシーホークに近い形状なんだけど、両サイドの増槽と給油プローブを
付けると、シルエットが俄然カッコヨクなる!(ように思う^^)

まずは全体を黒く。

nh101.jpg

全体に渡って下地色を吹く場合、家に缶スプレーの使いかけなどがあれば、まずはそれで大まかに
吹く。
乾燥後、吹けてない細部を中心にブラシで吹けば、ワリとラクチン(な気がする^^)

で、今回はお気楽ヘリ・モデリングなので、コクピット以外の内装は作っていない。
その分、キャノピー窓にスモークを吹いて、中が見難いわりにそれらしくなるようにしてみよう
と思う。

まあ、模型は実験だからね。
どんな感じになるか、仕上げてみないと分かりません^^;


posted by アイスオーレ at 17:56| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作