2017年03月16日

1/48 F−16N・TOPGUN 1

「ハセガワ1/48・F−16F」の完成記事に先駆けて、現在製作の進んでいる

タミヤ「1/48・F−16N トップガン」 の状態を。

1/48タミヤファルコン製作は、2年前の「F−16Cアグレッサー」以来だ。


fn4.jpg
↑↑↑
前回のハセガワ・F-16F同様、放電索は設置済み。
瞬着で翼(面)に真鍮線をくっつけ、上にカットしたビニル被膜を乗せるという、お手軽設置。
それほど正確ではないが、細かい部分でかつその多くは翼の裏側だったりするので、雰囲気&強度は
かなりイイ(と思う)。
2年前はポン付けだったことを思うと、格段に進化した!(つもり・・・^^;)



さて、



fn1.jpg
↑↑↑
昨年から僕も、シングル・ダブル(共にタミヤ)と2種のエアブラシを導入している。
シングルは2代目で、現在は主にメタルカラー塗装や、下地色を広範囲に吹くのに使っている。
ダブルと使い勝手は違うけど、「粒子の細かい缶スプレー」っぽく使えるのがいい。
サフ吹きには使っていない。
サフはいまのところ、タミヤの缶スプレー・プライマリサーフェイサーで十分だと思っている。
粒子も細かいからね。
ちなみにコンプレッサーも、タミヤ製・初代レボ。(改めてタミヤばっかりだな^^;)これ、もう
20年近く使い続けているが、とりあえずいまも壊れる気配はない。アメイジング!


fn3.jpg
↑↑↑
そんな感じでエアモデルの下地に黒をたくさん使うので(僕の場合)、小瓶では追いつかず、ガイアの
大瓶を使っている。
初めは別のボトルで希釈して使っているが、だいたい半分以上使ったところで、瓶にそのまま薄め液を
ドバッと入れて直接希釈する。その後は 様子を見て薄めつつ吹いている。
まあ、なんとも雑なんだよなー^^;


fn2.jpg
↑↑↑
バッと吹いた。まだらなとこがあるけど、これがいいのだ。

それはそうと、あいかわらず「静電気除去ブラシ」の効果はマジで絶大だ!

あ、これもタミヤ製だった。
ホントありがとう、タミヤ。日本に生まれてヨカッタ!^^


bokete9.jpg

posted by アイスオーレ at 22:48| Comment(0) | 1/48 戦闘機製作

2017年02月20日

1/48 F−16F 4

前回迷彩塗装を吹いた ハセガワ1/48・F−16Fだけど、もう少し色味をあいまいにしたくなった
ので、再度塗装を。

16f41.jpg
↑↑↑
しかし前回、乾燥後にもうツヤクリア、しかも(いつもの)アクリルを吹いたもんだから、
ラッカー塗料は使えない。
なので手持ちアクリルのグレー+ホワイトで調色し、吹いてみた。

ついでに、コンフォーマルタンクの先端も、WEB画像を参考にマスキングしてよりライトなグレーを
吹いた。
そして乾燥後、再びツヤクリアを。
デカールを貼るには、また2日ほど乾かさないと。。。。


16f42.jpg
↑↑↑
そして着陸脚庫と扉裏、インテークもマスキングし、フラットホワイトを。
こちらも乾燥の頃合いを見てアクリルのツヤクリアを吹き、今日の作業は終わり〜^^


1/72イーグルもほぼ同様に進んでいるので、乾燥中はそちらのデカールから貼ろう。



posted by アイスオーレ at 20:01| Comment(0) | 1/48 戦闘機製作

2017年02月18日

1/48 F−16F 3

今日は、ハセガワ1/48・F−16Fの迷彩2色めの塗装を。

文房具の「ひっつき虫」+マスキングテープでマスキング。

16f201.jpg

338を吹いてからマスキングを外し、濃いグレーの部分を中心に再度338を細吹きして、コントラスト
を和らげる。
↓↓↓
16f03.jpg

実機はもっと明度差が無いようだけど、全体的にテケトーなのでまあいいや。
これはこれでいい感じだしね。

ツヤクリアを吹いて、デカール貼ろう。

posted by アイスオーレ at 14:45| Comment(0) | 1/48 戦闘機製作