2017年03月17日

1/48 F−16F 完成

細かい修正を加えつつ、ようやく  

ハセガワ 1/48・F−16F「アラブ首長国連邦空軍(UAE)」

が完成〜^^

f1b.jpg

1/48スケール(全長31cm)のファルコンを仕上げたのは、2年振り(前に書いたか^^;)。
前回は「名作」と謳われるタミヤのキットだった。
対してこのハセガワ製はけっこう古い金型のようだけど、精度も彫刻もいい感じ。大きくパテ修正するような
ところもなかった。


f01a.jpg
↑↑↑
背骨に伸びるドーサルスパインと両サイドに設置されたコンフォーマルタンクが、ノーマル仕様とは
印象が大きく異なる部分だ。


f01.jpg

f02.jpg

f07.jpg

f03.jpg

f08.jpg
↑↑↑
爆装ではないが、背部のボリューム・機体各部に増設されたセンサー類、下側にはドロップタンク✕2・
センサーポッド、そして今回はミサイルも装備したので、机上でなかなかの存在感を発揮している^^



f04.jpg

f04d.jpg
↑↑↑
キャノピーは前部にスモークがかかっているんだけど、見る角度によってはステルス機みたいになって
しまったのはご愛嬌ということで。。。。(まあ、夕陽をバックにした写真では、こういう感じのもあった
から^^;)
最初のキャノピー塗装が上手くいかなくって、結局ここの修正がなんだかんだ時間かかってしもたの
よね・・・けどまあ、いい経験になった。

f04b.jpg
↑↑↑
今回はAMRAAMとサイドワインダーを装備。
つい武装してしもた。

f04c.jpg
↑↑↑
今回もライトニングアレスター(放電索のこと。名前がカッコイイ^^)は真鍮線でバッチリ。
そこそこ強度も確保。



f05.jpg

f06.jpg
↑↑↑
やっぱF型、背中のシルエットがイイ感じ〜^^
1/48サイズで、このボリューミーな仕様を仕上げられて嬉しい。
とまあ全体的にゴツいこともあって、相変わらず保管場所に困るんだけどね。。。。


f10.jpg

ふう〜、
ということで仕上がった2017年初の1/48ファイタープラモ・・・
毎度自画自賛になるけど(雑な部分はさて置き^^;)、

今回も超〜カッケエエわ!!

(という満足感は大事だよね^^ これも模型趣味の醍醐味)

先月から作業してたんだけどいつの間にかプラッツ1/72・イーグル(これも結構作業が進んでたので)
のほうが盛り上がっちゃって、先に仕上げてしまった。
そんなこんなで3月になったけど、ようやく完成出来て嬉しい^^

作業を始めた2月は寒かったな〜、とブログを読み返すと、塗装を始めてすでにひと月経っていた^^;
まあ常に、他アイテムの作業も挟んでるからね。

ということで、次の48ファルコンは再びタミヤ、海軍TOPGUN仕様!
こちらもどんどん進めるで!

f16fn.jpg


その前にバニラエアだけどね。


posted by アイスオーレ at 14:53| Comment(0) | 1/48 完成品

2016年07月01日

1/48スーパーバルキリー in KCF展示会

先週末(6/25、26)大阪日本橋・ボークスに於きましてKCF展示会が開催され、
僕も所属する模型サークル「関西仮組」内にて
ハセガワ1/48・スーパーバルキリー(反応弾装備)を展示しておりました。

本日は、
当日会場にて直接撮影して下さり、後日、各位のツイッターやブログなどで取り上げていただいた
写真をUPさせていただきました。
(当ブログ用にリサイズしています)

sv001.jpg

sv002.jpg

sv003.jpg

sv004a.jpg

sv005.jpg

sv006.jpg

sv007.jpg

sv008.jpg

sv009.jpg

sv010.jpg

sv011.jpg

sv012.jpg


最後から2枚目、なんとなくアイスオーレが写ってますねー^^

当人は滞在時間が少なかったんですが、
直接見ていただいた方々、さらに写真まで撮って下さったみなさま、
本当にありがとうございました^^

KCFを目指して製作した今回のスーパーバルキリーですが、さすがに追い込みどき、あまり
気乗りしないときも向き合わなければならなかったためか、この2日間を終え、家に持ち帰ると
すぐさま展示棚(仮)に保管(封印)してしまいました。
もう正直、この1週間は見たくもなかったっていう(笑)

なので今回は、撮影して下さったみなさまの画像に助けていただきました。
また後日、改めて細部を撮影してUPしようと思います。



posted by アイスオーレ at 18:51| Comment(0) | 1/48 完成品

2016年02月01日

1/48 川崎T−4・レッドドルフィン 2(完成)

ハセガワ・1/48スケール 「川崎T−4・レッドドルフィン」が完成・・・!


t401.jpg


と言っても、昨年(2015年)暮れには完成していたんだけど。。。
とにかく、
ようやくいまになって撮影する気になった^^


t402.jpg


この「スケール(主にエア)モデル専用ブログ」立ち上げ時の昨年5月、記念すべき
第1回の製作記事が、このT−4だった。
そして昨夏には、いったんハコにしまったT−4に貼ったデカールが黄ばんでしまうと
いう事態が発覚。
ハッキリした理由はいまだ不明だけど、夏の強い直射日光に当てることで、この黄ばみは
解消された。なぜだろう?

そんな「1/48・T−4」を改めて、年が明けて2016年になって最初の完成記事として
書けることが嬉しい。(しかもめでたい紅白カラーだし!)
まあ、もう2月にはなってしまったけどね^^;


t406.jpg


昨年3月、姫路城のイベントで初めて、直接、ブルーインパルスを見ることができた。
本来は、そのイキオイで作り始めたこのT−4だったが、途中で「レッドドルフィン仕様
(芦屋基地配備)」の存在を知り、路線変更。
デカール目的で、限定生産の「レッドドルフィン」キットを購入した。ということは、
もちろん「ブルー」のほうも製作待機中、ということになる。


t405.jpg

t403.jpg

t407.jpg


リベット穴をひとつづつ打ち直したり、デザインナイフでかなりの個所のパネルラインをなぞり
直したり・・・と(仕上げ具合にもよるが)かなり手間の掛かるキットだと思う。
機体底面の貼り合せも、けっこうシビアだった。
まあ、僕の技術的なこともあるけれど。。。。それゆえにカタチになり、仕上がったときの感動は
ひとしおだった。

そもそも、この微妙なRだらけの機体ラインを、キットとして再現するのはとても難しいことだった
んじゃないかな、と思うと、製品化してくれたハセガワさんには感謝が尽きない。
キットとしてこれ以上の精度を出すのは、やはり難しいのだろう。


t404.jpg

しかも、汚さずキレイめに仕上げること自体、僕にとってはハードルが高い。
(細部をごまかせない!^^;)
しかし、やはり「ブルー」もこの方向性で仕上げずにはいられない。「手」が覚えている
うちに、製作に取り掛かった方がよさそう。


t408.jpg
↑↑↑
大きさ比較(比較になってるのか?)
1/48サイズということもあり、全長は約28cm。
本来は小振りな機体ながら、なかなかの存在感。
先日のスーパーホーネット(1/72)よりもやや大きい。
1/48サイズだと、このT−4、F−2、F−16あたりが、我が家では限界の大きさかも。




ということで、最後にスタンドに接続して飛行状態も。
機体底面の仕上げも、我ながらけっこうがんばったからね。駐機状態だけだともったいない。
↓↓↓
t409.jpg

t410.jpg

t411.jpg

t412.jpg

う〜ん・・・・やはりブルーバックのほうが写真が映えたような気がする。。。。。
気が向いたらまた撮りなおそう。


せっかくなので、2014年9月に「洋上迷彩仕様」として、初めて仕上げた1/48・T−4と画像を
並べてみる。(これ、エアモデルの魅力に、本格的に目覚め始めた頃の作品なのでめっちゃ
稚拙に思うんだけど。。。。。)
↓↓↓
tb1409.jpg

t413.jpg
↑↑↑
うん、やっぱりカラーバリエーションは楽しいなあ。
「ブルー」も仕上げたいけれど、この「洋上迷彩仕様」も改めて、仕上げなおしたくなってきた。
まあ、言うのはカンタンだけどねー。^^;



では、2016年もよろしくお願いします!

ダンケシェーン!

sc.png

posted by アイスオーレ at 10:31| Comment(0) | 1/48 完成品