2016年02月12日

1/700  いずも 完成


ハセガワ 1/700WL「海上自衛隊・ヘリコプター搭載護衛艦 いずも 」

iz01.jpg

昨年の11月に開催された「モデラーズ・フェスティバル」に出展するスケジュールで
仕上げたこの「いずも」。
2016年が明けて、月が替わって、ようやく撮影する気になった。
(今回もF11キー推奨)




iz03.jpg




iz05.jpg

iz02.jpg

iz06.jpg

iz18.jpg




船体の大きさもさることながら、この洋上モチーフのベースに乗せると、かなりの存在感だ。
(ベース全長は43cm。)
↓↓↓
iz25.jpg

で、なぜ撮影がいまなのか、ということだけど。。。。

実はこういう「横長」系の模型を(コンデジで)写真に撮るのって、実は難しい!
ということを、昨年知ってしまったから。(それで、なかなか重い腰が上がらなかった^^;)
実際に見ているときの雰囲気、凝縮されたミニチュア感が、撮影した画像ではどうも、
「なんか違う」となってしまうのだ。

しかしまあ、距離やモード、露出を調整しつつ、あれこれ試しながらゆっくり撮影してみた。
そのなかから、まあまあイイか、と掲載用に選択したが、それでもけっこうな枚数に
なった。



iz12.jpg

iz08.jpg

iz07.jpg



艦橋構造物や甲板には、純正エッチングパーツの手すりを張り巡らしたり、
乗員も、Eパーツで100人ほどは乗せただろうか。

2015年の夏以降、初めて海上自衛隊艦艇の模型製作に目覚め、
「しもきた」「きりしま」と来て、ひとつの区切りとして、この「いずも」を
仕上げることが出来た(ように思う)

思えばついこの間のことなんだけど、この1/700というスケールのミニチュア感、
そして車両やひとを乗せていくと、甲板上が情景になっていくオモシロさ。。。。
初めての挑戦だったというのもあるけど、
やっぱり、
めっちゃ楽しかったなー^^



iz13.jpg

iz14.jpg

iz10.jpg

iz09.jpg

iz10a.jpg

iz11.jpg



以降、甲板上をズーム撮影。
製作そのものは楽しかったけど、この2mm強・「乗員Eパーツ」の設置作業、もうしばらくは
いいかなー^^;
↓↓↓
iz23.jpg

iz21.jpg

iz20.jpg
↑↑ トーイングバーは、真鍮線。

iz22.jpg



そして昨年秋の展示会では、このように3機のヘリを「飛行状態」として「いずも」の
そばに飾った。(土台はペットボトルのフタ)
↓↓↓
iz15.jpg

並べるとこんな感じ^^
展示会場のテーブルクロスはダークな色だったので、支柱(真鍮線)も、多少は目立ち
にくかったのでは・・・と思う。
↓↓↓
iz16.jpg


いまさらながら、ホントに楽しかった艦船模型製作。
楽しめる模型のジャンルが増えるのは、実にワクワクする。

とはいえ、1/700艦船はしばらく作らないと思うが、1/350のミサイル艇、
1/144のLCACも魅力的なので、「海」関連では今度はそちらかな。

あー、やっと気になってた「いずも」の撮影と掲載が終わったけど・・・改めて
「きりしま」も撮りなおしたい気もするなあ。

「模型あれこれ」は、今年もつづく!感謝!!

・・・ということで、早々に 「きりしま」の完成記事 の写真を差し替えた。
(あくまでも)個人的な納得感がUPしたようだ^^


posted by アイスオーレ at 17:53| Comment(0) | 1/700 完成品

2015年10月26日

1/700WL きりしま 完成

タミヤ 1/700WL 「 海上自衛隊護衛艦 きりしま 」 

が、完成〜!

ks001.jpg

思えば小学生の頃、「海軍大和」などを作ってたんだけど、それ以来30数年ぶり
にこの夏(2015)は軍艦、というより海自の輸送艦である「しもきた」を製作。
楽しかったので引き続き、この「きりしま」を購入。
しかし、

現用海自艦艇でも「イージス艦」の模型製作は初めて、
全体くまなく、Eパーツの「手すり」を取り付けたのも初めて、
(「しもきた」では甲板取り換えギミックがあったので部分的に、だった)
同じく、Eパーツの「船員」を乗せたのも初めて・・・・と、

とにかく初めてづくしの 「きりしま 製作」 だった。



ks007.jpg

ks002.jpg

1/700キットなので、模型の全長は約23cm。(リアルは161m)
この限られた空間に、細かなパーツを組み上げていく・・・という艦船模型の楽しさを
改めて知った。というか、思い出した!



ks004.jpg

ks005.jpg
↑↑ ボート下のライン(デカール)は、製作順を把握できずに切れてマス。。。。

ks006.jpg
↑↑↑
船員パーツの大きさはそれぞれ各2mmちょっとで、いろんなポージングになっている。

金属パーツなので、まずランナー状態でプライマーを塗り、ポーズによって制服の色
(おおまかに青と白)で塗り分けた。
カットすると、どうしても「金属地」が見えるのでその部分、手の先やアタマも追加で
ちょんちょん、と塗ってみた。

実物をよーく見ても分かりにくいと思うけど、わずかばかり立体的になって、そのまま
より(多少)いい感じになったと思う。いや、ホントわずかだけど。



ks008.jpg

ks010.jpg
↑↑↑
Eパーツは純正じゃないので、ここまでアップで見ると多少雑に見えるかも。。。。
でも全体を俯瞰すると、やはり「手すり・ラッタルを取り付ける」効果は大きかったようだ。

ks003.jpg
↑↑↑
調べていると、どうやら艦橋構造物の側面に、「落下者救助用のロープ」が付いている
そうなので、それも伸ばしランナーで追加してみた。


マストや張り線、自作ラッタルもだけど(自分の力量で)どこまで再現できるか?
というところに面白さがあるように思う。その分だけ、雰囲気が出るからね。
まだまだ艦艇模型は初心者だけど、今後も楽しんで行こうと思う。
そう思えた 「きりしま製作」 だった^^

ks009.jpg




さて、




「きりしま」完成に伴い、夏に仕上げた「しもきた」にも、船員を乗せて
みた。

sk101.jpg

sk102.jpg

sk103.jpg

sk104.jpg

車両を乗せるだけでも楽しかったのに、さらに「ひと」がいると、めっちゃワクワク度が
上昇する!

「きりしま」「しもきた」、そして今週中に竣工予定の「いずも」の3隻は、11月の
「モデラーズ・フェスティバル」に出展するつもりでいます。

かなり気分が盛り上がってきた!
(同時にかなり焦り始めた^^;)



ではまた次回、
ダンケシェーン!
scn2.jpg


※(2015.2.12 きりしまの写真差し替え、一部を校正)


posted by アイスオーレ at 15:54| Comment(0) | 1/700 完成品

2015年07月28日

1/700WL しもきた 完成2

前回に続き、

タミヤ 1/700WL ・海上自衛隊輸送艦 LST-4002「しもきた」 
完成記事の「2回目」です。

「しもきた製作」全般のなかで、最後に仕上げたこれらのマシン。
当然、1/700サイズなので細かく小さいメカたちなんだけど、この
機会に愛着が湧き、かなりお気に入りのジャンルとなった。


《 掃海・輸送用ヘリ MCH−101 》

skkx20.jpg

skkx21.jpg
↑↑↑
メインブレードは展開・格納状態ともに、Eパーツに置き換え。
テールローターはボディパーツと一体化しているので、これももう
少し削ったほうがよかったかも。
ただそれも、こういうUP画像だから思うことで、実物を見るとそういう
感じがしないところが、このスケールの面白いところかもしれない^^

skkx22.jpg
↑↑↑
ともに駐機状態なので、ブレードはやや垂れ下がっているのが「リアル」
真鍮パーツは、こういう表現も可能なのがいい。
しかし、これら極小のデカール貼り付けには、尖ったピンセットとルーペ、
そして集中力が欠かせない。。。。^^;



《 対潜哨戒ヘリ SH−60K 》

skkx23.jpg

skkx24.jpg
↑↑↑
これらも合計4機、ブレードはエッチングに置き換え済み。
始めに作った2機(展開)と色味がやや違ってしまったか・・・
まあいいや。



《 LCAC−1級 エア・クッション型揚陸艇 》

skkx25.jpg
↑↑↑
模型としても面白い形状をしているので、ぜひ大きなサイズでも製作
したいところ。最も、流通数は圧倒的に少ないけど。。。
ホンモノの全長は、26m強。戦車が小さく見えるけど、LCACの
車両甲板に戦車クラスの車両は1台しか乗せないらしい。
やっぱり戦車って重いんだね。

skk26.jpg
↑↑↑
キットにはそれぞれエアクッションの展開・収納状態を再現したものが
2台づつ(計4台)付属するんだけど、今回は1台づつのみ製作。
2台ディテールUPしたら、満足してオナカいっぱいになったから^^



《 艦内に、それぞれの車両を格納すると 》

skk27.jpg

skk28.jpg
↑「艦内前部」↑ 
昇降エレベーターと、搬入・搬出用サイドランプが両舷に設置。

skk29.jpg
↑「艦内中央部」↑
後部ハッチより格納されたLCACから、各車両が船内前部へと移動。

skk30.jpg
↑「後部ウエルドック」↑
LCACが、2台収容可能。
しかしこの「ピッタリ収納」感・・・・なぜかワクワクしてしまう(笑)
2台目には、装甲車とトラックを乗せてみた。



《 展示用の「透明甲板」を設置 》

skk31.jpg

skk32.jpg

skk33.jpg
↑↑↑
透明甲板の上に、艦橋パーツを載せ替えられるギミックも面白い。
モデラーとしては「完成後も、内部構造を確認できる」という響きに
なぜか喰いついてしまう。なんだろうね、この感じ(笑)



で、今回は車両も含め、ヘリもけっこう作ったので。。。。。。
ここは一度、「全部乗せてみたい!」という衝動にかられた。もちろん、
ホンモノはこんなに乗せないけどね。
これぞ模型、ミニチュアならではの楽しみ^^だと思う。

《 ということで、「作ったヘリ全部載せ」 》

skk34.jpg
skk35.jpg
skk36.jpg
↑↑↑
やはり「透明甲板」上にマシンを置き、その下にも車両が垣間見える。。。
というのは模型的に非常に楽しい^^
溢れるほど作ったこれら「極小マシン群」は、次に作るであろう護衛艦、
輸送艦などにもゼヒ乗せてみようと思う。 
というか、そのつもりで作ったので!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


7月の模型製作は「しもきた」メインで楽しんだ。
もちろんずっと作り続けたわけではなく、途中で作業そのものが止まったり、
他の作りかけや新商品に興味が移ったりと・・・
まあそれもいつもどおりだけど。
いずれにしろ、

「・・・『いま』なにを作ってるのが、一番楽しいのか?」 

が、我が模型製作の揺るがない基準^^なので、急に、イキナリなにか
新製品を購入し、完成させるかもしれない。
と、あれこれ計画しないで、常に「思いつき」で楽しんでるマイモデリング。

暑い季節だからこそ、気楽にモデリングを楽しもうじゃない^^


ではまた次回。
sc.png


posted by アイスオーレ at 11:28| Comment(0) | 1/700 完成品