2015年10月28日

info. いずも型2番艦「24DDH・かが」

1/700「いずも」の完成を控え、関連ニュースを少し。
(以下、WEB記事と画像)

izumo1.jpg

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」型の2番艦、「24DDH」の正式名称が
「かが」に決定した。
8月27日、横浜市の「ジャパンマリンユナイテッド」の磯子工場で、進水式と命名式が
行われた際に発表された。

kaga1.jpg

「かが」は、石川県南部の旧名「加賀」から命名された。旧・日本海軍の空母「加賀」と
同じ名前ということで、ネット上で話題になっている。
(「加賀」は1928年に竣工。改装後の全長は247m。1942年のミッドウェー海戦で撃沈)

では「いずも型」とは?

izumo2.jpg

「いずも」型の全長は、改装後の「加賀」とほぼ同じ248m。史上最大の護衛艦だ。
空母のように艦首から艦尾まで続く「全通甲板」を持つヘリコプター搭載型の護衛艦。
これまで最大だった「ひゅうが」型よりも51m長く、5カ所のヘリポートを持っている。
潜水艦を探知する哨戒ヘリコプターなどを9機運用でき、陸上自衛隊が導入予定の新型
輸送機「オスプレイ」も着艦可能だ。

kagaise.jpg

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦『いせ』は、全長約200m。艦首から艦尾までの
「全通甲板」を持つ事実上の「ヘリ空母」だ。
登舷口に飾る艦名板は「伊勢神宮の大宮司に、揮毫(きごう)して頂いた」と、艦長は誇らし
げに語る。
同型艦の『ひゅうが』、全長約250bで護衛艦最大の『いずも』と、海自の大型艦3隻は
旧帝国海軍の主力艦である律令(りつりょう)の「旧国名」を引き継いでいる。
そろって日本神話に縁が深いのは、験(げん)かつぎか。

「護衛艦」は、全国四つの艦隊群に分散配置するのがルール。
大型艦4隻目となる「いずも型2番艦」が27日、ジャパン・マリンユナイテッド磯子工場
(横浜市磯子区)で進水式を迎え、晴れて命名される。
ネット上ではファンらの予想が繰り広げられている。というのも1番艦の『いずも』は防衛省
のミスで発表前の艦名が流出し、話題になったからだ。
さらに今回は『いずも』と対になる名前を見つけにくいところにも、予想の面白さがある。


(転載終了)

2015年、夏の出来事でした。

オスプレイ、4機着艦!
我が家の「いずも」ももうすぐだ!

izma1.jpg

posted by アイスオーレ at 11:41| Comment(0) | 国防装備関連ニュース

2015年09月27日

info. RF−4E「洋上迷彩」


祝!RF−4E、洋上迷彩!!

(個人的な関心なんだけどね)

rf4esc.jpg
↑↑↑
この度、洋上迷彩を施された「RF−4E偵察機」
これまで洋上迷彩が施されたF−4(ファントム)は、「F−4EJ改」のみだった。

(以下、WEB記事)

「航空自衛隊・百里基地のエプロンで8月20日、洋上迷彩が施された
 RF−4E(47-6901号機)が撮影された。
 洋上迷彩が施された47-6901号機は、8月19日にもエプロンで目撃されて
 いる。(7月29日に撮影された同番号機は、通常迷彩だった)」

「洋上迷彩を施した、航空自衛隊第501飛行隊のRF−4E(47-6901号機)が
 9月3日、千歳基地に飛来した。塗装を洋上迷彩に変更した後、千歳基地に
 飛来するのは初めてとみられる。」


・・・・・・・・・・・・・・・・


いよいよRF−4Eの模型を作るか!と作業が始まったとたん、この情報が
飛び込んできた。
「本当は洋上迷彩で仕上げたかったんだろう?なら、そうすればいいじゃないか!」
という、まさに天の声(笑)

ということで、手元の「RF−4E」は、陸上迷彩から洋上迷彩仕上げへと、
方針を変更〜!

ではまた。


posted by アイスオーレ at 15:20| Comment(0) | 国防装備関連ニュース