2017年04月22日

1/200 ボーイング777-300ER 完成

平行作業中だった、トリプルセブンも完成〜^^
まずは前回のバニラエアと並べてみる。

701.jpg

702.jpg

703.jpg
↑↑↑
トリプルセブンの全長は、73.9m。(模型は37cm)
バニラエアA320は、37.57m。(模型は18.7cm)

機体全長はほぼ倍の大きさ!
エンジン直径も、A320の機体直径に匹敵するほど。。。。。

・・・なんてのも、模型だと比較・実感できるのが楽しい^^



ハセガワ 1/200・ボーイング777-300ER「トリプルセブン」 

704.jpg

704a.jpg
↑↑↑
LCC模型が続いたから、よけいに大きさを実感する。
これまでカラフルな機体を選んで作って来たけど、真っ白、というのもなかなかいいな・・・と
完成後に思った次第。

705.jpg

706.jpg
↑↑↑
いつもの、離陸時・伊丹スカイパーク目線^^
今回は背景(スカイブルーの画用紙)の大きさが足りなかったので、久しぶりに黒をバックに
してみた。
露光の調整が難しい。。。。^^;


707.jpg

707a.jpg

707b.jpg

707c.jpg
↑↑↑
エンジン下側にパーツの合わせ目がくるんだけど、ここは段差の調整だけして消さない。
メンテナンス時は、

710.jpg
↑↑↑
こう開くようなので・・・・。
こういうのも、いつか再現出来たらスゴイよね^^



708.jpg

708a.jpg

708b.jpg

年初に仕上げた787よりも大型のトリプルセブン。
我が家では今後も(1/200スケールでは)最大級の旅客機プラモで在り続けることだろう。

今回、「窓」はデカールではなく、穴の開いたディテール。しかも埋める箇所の指示も有り。
そこでまず内部を黒く塗り、内側から木工用ボンドで「窓ガラス」を作った。
ところがその後、思いのほか機体パーツの凸凹(金型による)が、かなり目立ってることに
気付き・・・(遅い^^;)
改めてさらに整形し、結局全体をサフで吹いて全塗装することに。

ということで、結果的に窓はひとつづつスミ入れしていったので、透明ではなくなった。
まあコクピット窓もデカールなので「キャビン全ての窓を埋めてデカールを貼る」、という
選択もあったが、今回はこれで良し^^
でも次回からはそうしようかな。




709.jpg
↑↑↑
ということで、コチラも高石模型祭りにて展示します。
子どもたち、旅客機FANの方々が見てくれたら満足だ^^


posted by アイスオーレ at 07:36| Comment(0) | 1/200 完成品

2017年04月18日

1/200 バニラエア エアバスA320 完成


ba1.jpg
↑↑↑
余裕で先月末には完成・・・と思っていた「バニラエア」なんだけど、ずいぶん完成がずれ込んだ。
まあ、いつものことだけど ^^;





va21.jpg

va22.jpg

va11.jpg

va14.jpg

va15.jpg



・・・・・と、WEB上でバニラエア関連の画像を見ているうちに、完成!(ってことで)



va6.jpg

改めて、「ハセガワ1/200 バニラエア・エアバスA320」

va1.jpg

va2.jpg
↑↑↑
ホワイトとイエローのツートンが鮮やかな、ANA系のLCC旅客機。
伊丹では見れないけど、かんくうでは見れるようだ。
模型も作ったし、やはり見に行こうか・・・・


va3.jpg

va4.jpg
↑↑↑
やはり前後方向で見た方が、ウイングレットがカッコイイんだよね。
伊丹で離陸してくれたらこういう角度で見れるのだが・・・



va8.jpg

va9.jpg
↑↑↑
前縁やエンジンインテークには、ハセガワ・ミラーフィニッシュシートを貼っている。
リアルはこんなにキラキラじゃないんだけどね。模型的に気に入っている^^



va7.jpg
↑↑↑
機体のイエローと、翼上面の濃いグレーはマスキング塗装。
やっぱ花びらデカールがカッコカワイイな、と自画自賛^^、
どうやら白い機体のバージョンもあるようなので、いつかそちらも組んでみたいな。



va5.jpg
↑↑↑
最後に、前作のソラシドエアと。
現在仕上げ中のトリプルセブンと比べると半分ちょっとの大きさなんだけど、ここまでいろいろ
作ってみると改めて、「1/200スケール」というサイズが旅客機模型のコレクションに最適なんだと
よく分かった。
やっぱり、1/144ではちょっと大きいんだよね。ドイツレベルのキットとか、単発でたまに作るのは
いいんだけど。
ある程度数を揃えるなら、1/200サイズは手狭な我が家に叶ってる^^

さておき、今月末の「高石模型祭り」では、1/200エアラインズを5(4)機ほど並べる予定。
ファミリー向け傾向がある展示会のようなので、まあ小さい子供たちに眺めてもらえたら満足だ。






posted by アイスオーレ at 15:49| Comment(0) | 1/200 完成品

2017年01月30日

1/200 ソラシドエア ボーイング737-800 完成

さて、
羽田空港の国内線エプロンにも、

sa02.jpg

↓↓↓ ソラシドエアが居た。見かけたのは神戸空港以来だ。

sa03.jpg



ということで、
ハセガワ・1/200「ソラシドエア ボーイング737−800」
が完成〜^^

「787」の塗装等乾燥待ちのあいだに作業を進めていたので、1月中の完成&撮影に漕ぎつける
ことが出来た。

sa04.jpg

sa05.jpg

sa06.jpg

エンジンと尾翼の「ピスタチオグリーン」が爽やかな機体だ。
ウイングレット内側にロゴが入っているのもいい^^
ちなみに説明書では「デイトナグリーン+白」って書いてたけど、黄色を足さなければ調色出来ない!
今回はキアライエローを使用した。

sa07.jpg
↑↑↑
ということで、尾翼もデカールを使わず塗装。
塗装派向けに、ロゴのみのデカールも付属しているので安心^^


「787−8」と大きさを比べてみる。

sa08.jpg

sa09.jpg
↑↑↑
実際の機体の大きさは、56.7m と、39.5m 。
模型では、28cm と、19cm 。
この大きさの違いが手元で楽しめるのも、模型の醍醐味!


sa10.jpg
↑↑↑
エンジンファンも塗りなおした。
羽田ではかなりの至近距離で787を見れて最高だったぜ^^


では離陸!


sa12.jpg

sa13.jpg

sa14.jpg
↑↑↑
やっぱ展示台で飾るといいわ〜^^
ソラシドエアのロゴが下面にあったことも、模型を作らなければ知らなかったしね。


sa15.jpg
↑↑↑
最後に、暮れに仕上げた「ベアドゥドリーム号」とも並べてみる。
こちら(737-500)はさらに小さい。

それと今回の「737-800」はスカイマークでも使用しているので、ぜひそちらもキット化してほしい
なあ。せめてデカールだけでも・・・




ホント、朝から晩まで各ターミナルをうろつきたい(疲れるって^^;)。
そして出来れば、伊丹から飛行機に乗って羽田に行きたいなあ・・・いつか、ね。

sa01.jpg

posted by アイスオーレ at 09:47| Comment(0) | 1/200 完成品