2017年08月26日

1/144 ルフトハンザ・エンブラエル190 1


4月のトリプルセブン以来、久々の旅客機模型製作!

今回は2回目の「エンブラエル(ブラジルの航空機メーカー)」の旅客機模型で、昨年9月に
仕上げた「J・AIR」以来。

⇒ 完成記事

前はハセガワ製キットだったけど、これはドイツレベル製のキット。

「ルフトハンザ・リージョナル」という、ヨーロッパを中心とした路線を運航する、
ルフトハンザの子会社が保有している機材だ。

「リージョナルジェット」とは、短距離輸送用ターボファンエンジン搭載航空機で、
「地域間輸送用旅客機」とも言われる。
一般的には旅客数は最大100名程度で、必要な滑走路も短く低騒音な小型ジェット機のこと。
(Wikiより)

そんな小型ジェット模型なので、1/144スケールでも全長は約25cmほどだ。



e11.jpg
↑↑↑
1回目の記事だけど、すでにデカール貼り中。。。。。

旅客機模型は(僕のセオリーでは)手数が少なめなこともあって、非常にのんびりした気持ちで
製作できる、というイメージがあって非常によろしい^^
もちろん、慎重を要するところもあるけどね。

ということで、おそらく次は完成記事でしょう。



さて、



今回は、そんなに見ることのないであろう、これら海外製キットのパッケージやインストを
載せてみた。
まあ、あまり興味ないだろうけど、こんなのですよ〜〜〜^^


e12.jpg
↑↑↑
外箱。レベルに限らず、ハコの横から開ける仕様が多いと思う。
ちょっとしたことだけど、日本のように「パカ」っと開かないので、初めはちょっと手間に感じた^^;



e13.jpg
↑↑↑
インスト表紙。
ちなみに「ドイツレベル」は、世界最大規模の模型メーカーだそうだ。
日本の輸入代理店はハセガワ。(Wikiより)

表題は英語表記。外箱にもあるが、製作の難易度が記されているのがなんか楽しい^^



e14.jpg
↑↑↑
「製作上の注意」のページ。
最近の国産キットのインストもそうだけど、見て直感的に理解できる仕様になってるので、
非常に分かりやすい。



e15.jpg
↑↑↑
カラーレシピは、いろんな国の原語で書かれている。
日本語表記はないので、英語表記でなんとか確認する。
このページを見ると、いろんな国に輸出されてるんだな〜、と思う。
ガンプラ等国産大手メーカーのキットも、そうなのかな?



e16.jpg
↑↑↑
製作過程も、見るだけで理解できるようになっている。
さらに旅客機模型だから、より分かりやすいのかもね〜。。。。



e17.jpg
↑↑↑
裏表紙は、カラー表記とデカールの配置図。



と、こうやって改めて確認してみると、全ページフルカラーじゃないの!
素晴らしい。

ドイツレベルのキットはパーツ精度も高いし、ホント組みやすい。
(このキットは新製品ということもあって、さらにいい気分^^)

そして現在は、安心して海外製キットも作れる時代なんだ、っていうのが本当に嬉しく、
モデラーとして幸せだ。

ありがとう、ドイツレベル!

posted by アイスオーレ at 19:15| Comment(0) | 1/144 旅客機製作

2016年10月21日

1/144 ボーイング747−8 ルフトハンザ 1

lh4.jpg
(WEB画像)
カッコイイな〜
全長76mもあるんだよ。

lh3.jpg
(WEB画像)
カッコエエ・・・
大きなダブルデッキに4基のGE社製エンジン、操縦桿はフライバイワイヤ!
シビれるぜ。


ということで、今年春に羽田空港でその姿を見て、早々にプラモを見つけた

「ボーイング747−8 ルフトハンザ航空(ドイツレベル・1/144キット)」

の製作も、いよいよ佳境(・・・なワリには製作記事は1回目^^;)。
約2週間後のモデラーズフェスティバル展示に向けてのラストスパートだ。


lh1.jpg

そして今日、いよいよ「ルフトハンザ」ロゴのデカールを貼った。
当然だが、それまでまっ白だった機体にこの文字が入ると断然気分盛り上がる!
・・・けれどこの週末は残念ながら作業はストップだ。
別の、出来るものをやろう・・・

lh2.jpg

これまでいろんなアイテムの作業を行ったり来たりしていたので、おそらくこれからの
2週間は個人的に「完成ラッシュ」が始まると思う。

いや、まあ、

食玩キットのプチ改修&リペイント、なんてのも多いけれどね^^
出来れば記事にしたいが、どうなることやら。



とりあえず、近々完成予定なのは



エフトイズ 1/144 F/A-18E/F スーパーホーネット

プラッツ 1/144 航空自衛隊 UH-60J 航空救難団

バンダイ (メカコレ・ほぼ1/144)Xウイングファイター

童友社 1/144 F-35A ライトニング2

・・・・・・・・・・・・

ハセガワ 1/72 HH-60D ナイトホーク 

バンダイ 1/100 グレイズ指揮官機

他もろもろ。
オルフェンズも2期が始まったので、なんか仕上げたいところだ。
あと、787・・・・




posted by アイスオーレ at 23:42| Comment(0) | 1/144 旅客機製作

2016年09月08日

1/144 J・AIRエンブラエル170 1

先日1年振りくらいに、伊丹空港の近くにある王将・空港線豊中店に行ってきたんだけど、
(なにやらここは、王将のなかでも規模も売り上げも全国一らしい。大きいわけだ)
その帰り道、これまた半年振りに伊丹スカイパークへ寄ってみた。

この日は台風の影響なのか、着陸⇒離陸の方角が普段と逆の、北⇒南になっていた。
けっこうレアなのかどうなのか。

で、伊丹に来ると頻繁に見るのがこの

ja101.jpg
↑↑↑(WEB画像)
JALのジェイエア・エンブラエル170 という、小さめの地域間(リージョナル)ジェット旅客機。
ブラジルのエンブラエル社が開発し、川崎重工も参加しているらしい(説明書より^^)


うーん、やっぱりこの模型作りたいなー、と思ったんだけど、WEB上ではけっこう品薄。
そこで近所のジョーシンに行ったらまだ置いていたので、今回はためらわず購入。
(気分良く、マッサージ機で20分揉まれて帰る^^)


ja102.jpg
↑↑↑
これもまさに、衝動的モデリング!^^
作りたいと思った時に、その模型が作れることの幸せたるや。

旅客機の模型製作は、AIRDOに続き2機め。
前回は1/200だったが、今回は1/144サイズ。しかしリージョナルジェットなので、模型そのもの
の大きさはあまり変わらない。
ジオコレの阪急バスを置いて楽しむ^^

パーツは少ない。貼り合わせも、ハセガワキットなので問題ナシ。
基本塗装を終え、ツヤコートの乾燥中。

現在、コブラと同時進行中。



posted by アイスオーレ at 09:38| Comment(0) | 1/144 旅客機製作