2018年05月04日

1/144 エティハド航空 エアバスA320 完成


e01.jpg


ドイツレベルのキット、「1/144 エティハド航空 エアバスA320」
が完成やで!
主に尾翼側の、カラフルで派手なデザインが特徴だ。


e02.jpg

完成時の全長は約26cmあるので、いつもメインで製作しているハセガワ・1/200
キットよりも存在感、迫力がある。
(1/200スケールの同じくエアバスA320は、18cmほど)




e03.jpg

e05.jpg

e04.jpg
↑↑↑
この機材も伊丹空港では見られないので。。。。。
いつもどおりの「模型の醍醐味」^^ いろんな角度で撮影して楽しむよ。
今年はいよいよ関空に見に行こうかな。




e07.jpg

e07b.jpg

e06.jpg
↑↑↑
やっぱり社名ロゴがカッコイイよね〜^^ 珍しいし。
下側のロゴはわりと大きめのデカールで、機材表面も凸凹してたり2種の曲面部分を
またぐので、2文字づつ切って、位置調整しつつ貼ったよ。


e07a.jpg
↑↑↑
機体後部と尾翼のデカールはキット最大の難関・・・であり、楽しみだった^^
ここも数カ所カットしながら、貼っては乾燥させて曲面に馴染ませ、を繰り返し、
数日かけてゆっくり作業を進めた。
全部貼るのに1週間以上はかけたよ。(まあ、他のキットも作ってたから^^;)
デカールは、国内産よりも少し固め。


e07d.jpg
↑↑↑
エンジンのインテークと翼前縁には、いつものミラーフィニッシュシートを使用。
これ好きなのよね^^


e07c.jpg
↑↑↑
コクピットの窓はクリアパーツで別パーツなんだけど、合わせ目を消して
黒く塗った。
この辺りは、デカールで処理する1/200キットのほうがラクだナ〜^^;




e08.jpg
↑↑↑
今回は、デカール保護でいつものツヤクリアを吹いた後、プレミアム半ツヤ
を吹いて仕上げてみた。(研ぎ出しはしない)

先日、凸凹のお店の店長さんと話してて、そういう気分になったんだけど、
思いのほかツヤ寄りの半ツヤで、個人的にもいい感じに仕上がって気に入って
いる。
スケール的に、1/200ではイマイチになるような気がするけど・・・・・
いま製作中のNEOで試してみようと思う。



e09.jpg
↑↑↑
もし千里川堤防で見られたら、こんな感じ・・・!
というね。



なにかと手間がかかったけど、今回も楽しかった^^

合わせ目を消した後、製作テンションが下がり、部屋の片隅で数か月ホコリを
かぶってたこのキット・・・・
やっぱり、「仕上げるタイミング」というのはあるよね。

製作中に飽きてしまい、別のキットを作り始める・・というのは、普通によくある
ことで。
でもグルっと周って、またそのキットに帰ってくるから不思議。
(それを何回も、何年も、繰り返すこともあるけど^^;)

けどまあ、
どんなキットでも、最高に楽しめるタイミングで作らないともったいないからね^^

ということで、

またきっとドイツレベル旅客機キットも作るでしょう。
(A380もあるのよ・・・・^^;)


posted by アイスオーレ at 17:19| Comment(0) | 1/144 完成品

2017年09月09日

1/144 ルフトハンザ・エンブラエル190 完成



今日の記事は、ドイツレベル「1/144 ルフトハンザ・エンブラエル190」の完成編!


lh11.jpg


前の記事でも書いたけど、これはハセガワ製ではなく、ドイツレベル製のキット。

ヨーロッパを中心とした路線を運航する、ルフトハンザの子会社が保有している機材だ。

「ルフトハンザ・リージョナル」のロゴが映える!


lh03.jpg

lh04.jpg

全長 36.24 m、翼幅 28.72 m、全高 10.28 m。

キットの全長は、25.3cm だ。




そしてフライング!




lh09.jpg


lh08.jpg


lh06.jpg

う〜ん、どこから見てもカッコエエ!
(・・・と、いつもの自己満足^^)



では、エンジンを中心に周辺のアップ画像を。

lh07.jpg

lh15.jpg

lh14.jpg
↑↑↑
底面のダクトや各ロゴは全てデカールで、とくにスミ入れはしていない。
(もちろん模型的にはスミ入れした方が「映える」んだけど、僕は旅客機にはやらない^^)

あと最近は飛行機模型全般、塗装後とデカールを貼った後はともにアクリルクリアでTOP
コートして仕上げているので、乾燥時間を十分に取る必要がある。

とくに旅客機は仕上げもツヤクリアなので、3日以上は乾かさないと、すぐ指紋が付いてしまう
んだよね。。。。。

主翼前縁やインテークには、ミラーフィニッシュシートを貼るのが好みだ。
ともすればオモチャっぽく映るかもだけど、角度によってキラッと光るのがイイんだよね^^


lh20.jpg
↑↑↑
ドットコム!




ちょうど1年前に製作していた 「ハセガワ1/144 J・AIRエンブラエル170」 と並べてみる。
これがやりたかった〜!^^


lh12.jpg

lh13.jpg
↑↑↑
ジェイエアのエンブラエルは170型なので、この190よりも機体が短い。
こうして、おそらく並ぶことのない機材を並べられるのも、模型の楽しみであり醍醐味だ
(と思う^^)

ジェイエアは190も保有しているので、ぜひハセガワでも190をキット化してほしいなあ。
それはいつの日だろうか。。。。。




今回は発売後、ワリとすぐに入手して製作することが出来た。
新しいキットなので、パーツの精度も高く作りやすかったが、あいかわらずウイングに貼る
細〜いデカール貼りが超苦手^^;;;
このあたりは、余白部分で繋げて貼りやすくしてくれているハセガワキットのほうがユーザー
フレンドリー^^
まあ、今回もカットしつつ慎重に貼り終えたけどね。

現在続いて、ドイツレベルのA320を製作しているんだけど、このキットはうって変わって
バリ多し、合いがイマイチ・・・とパテ盛り、ヤスり、を繰り返しながら進めている。
好きな機種だけど、これでは複数機作るのはツラいな〜、というのが正直なところだ^^;

まあ、しかし、がんばるけどね!
(完成はいつになるかだけど)



lh10.jpg

アディオス!



posted by アイスオーレ at 16:46| Comment(0) | 1/144 完成品

2016年11月16日

1/144 ボーイング747−8 ルフトハンザ航空 完成

仕上げてみたらこれだけビッグサイズなもので・・・・


・・・ギイイイイイーーーーーンンン!!!

lh16.jpg

lh17.jpg

lh13.jpg

lh10.jpg

lh9.jpg

lh18.jpg

「ゴオオオオオオオーーーーーッ!!」

・・・・って、まあ、やるよね(笑)


先日のモデフェスに合わせたおかげで完成出来た、

ドイツレベル・1/144スケールキット
「ボーイング747−8 ルフトハンザ航空」

完成後は全長52.5cm、全幅47.6cm。 これぞモデラー(謎の)格言、
「手に入れずに後悔するよりも、完成させてから後悔しろ!」
そのものだった^^; 我が家にとっては。

で、撮影するにも大きくて、背景紙も間に合わない。なのでなんとか白い壁の前で
撮影してみた。


lh2.jpg
機首の反射してる下あたりに、極小のピトー管があり(左右4本)これが移動の際心配だった
(が、大丈夫だった)。
しかしこの角度から見たらそうでもないけど、煽ると機首下の色分割ラインがけっこうよれてた
な・・・といま改めて気づく^^;

lh6.jpg

lh5.jpg
↑↑↑
展示ベースは付属のものだが、そのままでは機体と接着する必要があったので、補強して
乗せられるようにした。今後製作するであろう大型のエアバス等も乗せられそう。

lh7.jpg

lh8.jpg
↑↑↑
この大きさから来る存在感は、やはり近年製作したものの中でも一番(当然か)。
この春、羽田空港で実際に見た巨体がオーバーラップする!
・・・というのがモデラーならではの特権でしょう。
(やっぱり仕上げた以上は、また実物を見たくなるねー^^)




lh1.jpg
↑↑↑
UPで撮影してもよく見えないんだけど、1/144ビルダーズパーツを改造したパイロットを
ふたり載せている。

lh3.jpg
↑↑↑
尾翼の大判ロゴデカールは、それなりに気泡が入ったのでツヤクリアを重ね、磨いて補正
したのだが、今度からはちゃんとデカールのりを使おうと思う。
(この修正作業があって、やっとデカールのりを買った)

lh15.jpg

lh12.jpg
↑↑↑
エンジン内部は、タービンブレードが二重になっているんだけど、工程をよく考えずに
組み立てたので内側のブレードが未塗装のままになっている。これもあんまり気にはならない
けど。
あとエンジンカバーも整備のときは左右に開くので、下部の合わせ目消しももう少し考えたら
良かったな。
・・とまあ、これも次回に生かす反省点。

lh11.jpg

lh14.jpg
↑↑↑
実際、遠目に見てると汚れも目立たないし、パネルラインもあまり見えなかったりするんだけど、
模型としてはグレーの下側部分だけでも少しグラデーションを入れた方がいいかな?
と、この画像を見て思う。

lh4.jpg


そして、ルフトハンザの前に仕上げた、同スケールの「J・AIRエンブラエル」との比較。

lh30.jpg

lh31.jpg

lh32.jpg
↑↑↑
J・AIRは国内便だけど、747は地球の裏側まで飛んでく機体なので、用途による
この大きさの違いは見ていて楽しい。実際羽田でも並ぶことはないようなので^^



では最後に、

当然画像も横長になるので、サムネイル・クリックで別ウインドウのUP画像を。

lh20.jpg

lh21.jpg

lh22.jpg

モデフェスがなかったら、年内に仕上げられたかどうか。
失敗反省も多かったけど楽しかった〜^^
忘れないうちに次を作ろう(787、エアバス・・)YOUTUBEにはいっぱい旅客機動画があるし、
たまに伊丹スカイパークにも寄れば、実際に旅客機の離発着も見れるのでテンションが下がり
にくい、というのがありがたい。

とりあえずウイングを分解してハコにしまえたので、次の大型旅客機も安心して作ろうと
思うよ。まあ、そのハコ自体がデカいんだけど!^^

posted by アイスオーレ at 17:57| Comment(0) | 1/144 完成品