2016年11月16日

1/144 ボーイング747−8 ルフトハンザ航空 完成

仕上げてみたらこれだけビッグサイズなもので・・・・


・・・ギイイイイイーーーーーンンン!!!

lh16.jpg

lh17.jpg

lh13.jpg

lh10.jpg

lh9.jpg

lh18.jpg

「ゴオオオオオオオーーーーーッ!!」

・・・・って、まあ、やるよね(笑)


先日のモデフェスに合わせたおかげで完成出来た、

ドイツレベル・1/144スケールキット
「ボーイング747−8 ルフトハンザ航空」

完成後は全長52.5cm、全幅47.6cm。 これぞモデラー(謎の)格言、
「手に入れずに後悔するよりも、完成させてから後悔しろ!」
そのものだった^^; 我が家にとっては。

で、撮影するにも大きくて、背景紙も間に合わない。なのでなんとか白い壁の前で
撮影してみた。


lh2.jpg
機首の反射してる下あたりに、極小のピトー管があり(左右4本)これが移動の際心配だった
(が、大丈夫だった)。
しかしこの角度から見たらそうでもないけど、煽ると機首下の色分割ラインがけっこうよれてた
な・・・といま改めて気づく^^;

lh6.jpg

lh5.jpg
↑↑↑
展示ベースは付属のものだが、そのままでは機体と接着する必要があったので、補強して
乗せられるようにした。今後製作するであろう大型のエアバス等も乗せられそう。

lh7.jpg

lh8.jpg
↑↑↑
この大きさから来る存在感は、やはり近年製作したものの中でも一番(当然か)。
この春、羽田空港で実際に見た巨体がオーバーラップする!
・・・というのがモデラーならではの特権でしょう。
(やっぱり仕上げた以上は、また実物を見たくなるねー^^)




lh1.jpg
↑↑↑
UPで撮影してもよく見えないんだけど、1/144ビルダーズパーツを改造したパイロットを
ふたり載せている。

lh3.jpg
↑↑↑
尾翼の大判ロゴデカールは、それなりに気泡が入ったのでツヤクリアを重ね、磨いて補正
したのだが、今度からはちゃんとデカールのりを使おうと思う。
(この修正作業があって、やっとデカールのりを買った)

lh15.jpg

lh12.jpg
↑↑↑
エンジン内部は、タービンブレードが二重になっているんだけど、工程をよく考えずに
組み立てたので内側のブレードが未塗装のままになっている。これもあんまり気にはならない
けど。
あとエンジンカバーも整備のときは左右に開くので、下部の合わせ目消しももう少し考えたら
良かったな。
・・とまあ、これも次回に生かす反省点。

lh11.jpg

lh14.jpg
↑↑↑
実際、遠目に見てると汚れも目立たないし、パネルラインもあまり見えなかったりするんだけど、
模型としてはグレーの下側部分だけでも少しグラデーションを入れた方がいいかな?
と、この画像を見て思う。

lh4.jpg


そして、ルフトハンザの前に仕上げた、同スケールの「J・AIRエンブラエル」との比較。

lh30.jpg

lh31.jpg

lh32.jpg
↑↑↑
J・AIRは国内便だけど、747は地球の裏側まで飛んでく機体なので、用途による
この大きさの違いは見ていて楽しい。実際羽田でも並ぶことはないようなので^^



では最後に、

当然画像も横長になるので、サムネイル・クリックで別ウインドウのUP画像を。

lh20.jpg

lh21.jpg

lh22.jpg

モデフェスがなかったら、年内に仕上げられたかどうか。
失敗反省も多かったけど楽しかった〜^^
忘れないうちに次を作ろう(787、エアバス・・)YOUTUBEにはいっぱい旅客機動画があるし、
たまに伊丹スカイパークにも寄れば、実際に旅客機の離発着も見れるのでテンションが下がり
にくい、というのがありがたい。

とりあえずウイングを分解してハコにしまえたので、次の大型旅客機も安心して作ろうと
思うよ。まあ、そのハコ自体がデカいんだけど!^^

posted by アイスオーレ at 17:57| Comment(0) | 1/144 完成品

2016年11月15日

1/144 F/A-18E・スーパーホーネット

1/144ルフトハンザと並べるために仕上げたシリーズ、最終回。
今日は「スーパーホーネット」、こちらもトムと同じく全長約13cm。

sh2.jpg

sh3.jpg
↑↑↑
エフトイズの半完成キットなので、あらかじめ塗装とマーキングもされていたんだけど、
翼の一部が荒れた感じだったので、結局全部塗装をしなおすことに。
ちなみに元はダイヤモンドバックスのカラーだった。

sh4.jpg
↑↑↑
そのためコーショマーク類はないんだけど、このサイズだと機番などがあれば十分かと。。。^^;
パイロットは付属。キャノピー枠も塗装済みなので、マスキングして全体を塗装した。

sh1.jpg
↑↑↑
武装はサイドワインダーのみ装備。ドロップタンクは展示ベースを付けるときは外す仕様に
なっている。

sh5.jpg
↑↑↑
ということで、144スケールで米海軍の新旧機体が並んだ〜!(とひとり喜ぶ^^)

サイズは小さいけど、この充実感はなかなかのもの。ということでまた近いうち、
「サンタキャット」も作ろうと思う。

半完成品もいいけど、やはりモデラーはいちから作りたいので・・・
こういう1/144スケールのジェット戦闘機やヘリのキットも、いろいろ在ってほしいなあ。

まあ、こまめにチェックして見つけるか。




posted by アイスオーレ at 10:32| Comment(0) | 1/144 完成品

2016年11月14日

1/144 F−14Aトムキャット

先の展示会でルフトハンザとともに並べた「1/144・飛行機」シリーズ、
今日はトムキャット。

t01.jpg

最近僕のなかで話題騒然^^の、エース・コーポレーション製キット。
ハコを開けて説明書を見るとハングル文字が。(いや、よく見たらパッケージにも書いてた)
まあ、144トムが欲しかったのでとくに気にはしなかったんだけど、これが組み立て始めると
好感触!^^

t02.jpg
↑↑↑
全長は約13cm。
パーツの合いが良くて組みやすい。モールドも浅くなく、適度に太くなく、いい感じ。
唯一スパイン(コクピットうしろ)に少々段差ができるけど、これは国内メーカーキットでも
よくあること。
思えば「144戦闘機模型」は、半完成キットしか組んだことがなかったので初めてだったんだけど
これがいきなり「ナイスキット」だったもんで嬉しかったな〜^^新発見!

t03.jpg
↑↑↑
アップにするとインテークの厚みが気になるか・・・
(個人的には)実物はそんなに気にならないケドね。。。。

t04.jpg
↑↑↑
コクピットにはビルダーズパーツの144フィギュアを加工して乗せた。キャノピー枠は
マスキングしてエナメル筆塗り。最近は1/72でもそうすることが多い。
装備してるフェニックスミサイル、サイドワインダー、増槽ももちろん付属している。

t05.jpg
↑↑↑
デカールの品質もよかったが、なにぶん小さいので僕にはデカールのりが必須だった。
小スケールだが、結局総じていつもの1/72サイズと作業工程はあまり変わらない感じ。
(アタリマエか^^;)

t06.jpg

t07.jpg
↑↑↑
スタンドは付いてないので、エフトイズのものを使えるよう加工した。
戦闘機はやはりこういう展示が出来ると楽しい^^

製作が楽しく、ホント好印象だったので思わずもう1機「サンタキャット」を確保
しちゃった。



t08.jpg
↑↑↑
ということで次回はエフトイズの半完成キット、スーパーホーネットを!



posted by アイスオーレ at 16:33| Comment(0) | 1/144 完成品