2017年09月26日

1/72 F−14A(ロービジ・凸線) 完成


昨年から作っている72トムキャット、通算3機めが完成〜^^

a01.jpg


今回は「凸線仕様」キットの、F−14A。
パネルラインが出っぱってモールドされている初期のキット(もう数十年前^^;)だけに、
900円ほどで入手可能のアイテムだ。凹モールドのキットは、だいたい2倍ぐらいの価格。

新しめのキットを作ったあとなので、いろんな部分で少々甘さを感じてしまうところもあるが、
まあそこは、パネルラインが凹線とか凸線にもこだわらず、ただ楽しんで製作を進めた。
そしてこのように「翼を閉じた状態固定」で作れば、さらに作りやすい。
個人的に、トムのベスト形状はコレ!と思っているので^^

シルエットは良好だし、ほんとカッコイイ・トムが組めるキットだ。


a02.jpg

a04.jpg

a05.jpg
↑↑↑
背中もビッシリと凸モールド(当然^^)。
汚しの最後は、Mrウエザリングカラーのグランドブラウンを平筆でちょんちょんとラインに乗せ、
強調していった。


a06.jpg

a03.jpg
↑↑↑
キャノピーは乗っけてるだけなのでちょっと浮いてる。。。。。
撮り忘れたけど、フェニックスミサイルは4発装備。
着陸脚扉のフチの赤も抜かりなく(見にくいな。。^^;)




・・・・そして3機めのトムキャットを並べた。

a09.jpg

a07.jpg

イイな〜^^

a08.jpg
↑↑↑
空母上(格納庫)よろしく、こうやって詰め詰めで並べたくて。

fc5820774af44c1b73ecf6b75ce5a6b7--f-tomcat-aircraft-carrier.jpg
↑↑↑
WEB画像、イメージはこんな感じ。

今後もぼちぼち、72トムキャットを増やしていきたい。
個人的に考証はいまいちでよくって、雰囲気があれば満足。
ライフワーク化しよっと^^



a10.jpg

ああ、やっぱイイねー!と今回も満足できた。
72トム製作に慣れてきたことや、凸線キットということで、かなり気軽に作れたのも
楽しかった。

うん、トムキャット最高!でも4機めを作る前に、お次はラプターだ。。。。^^



a11.jpg

では最後にもう一度、トップガンアンセム!





・・・追記。

というか、機首プローブ間違ってるやん^^;;
どおりでなんか大きいな〜って思ってた。ということで早速交換&塗装。

a15.jpg

よし!これで、


真・完成!





posted by アイスオーレ at 13:53| Comment(0) | 1/72 完成品

2017年09月19日

1/200 ボーイング737-800 1


ハセガワ「1/200・ボーイング737-800」 の製作記事1回目。

今回は、「JAL EXPRESS」の機体だ。
JAL機キットは、トリプルセブンに続いて2機め。
前回は大きな機体だったな〜・・・

⇒ トリプルセブン完成記事



8001.jpg
↑↑↑
現在は、
合わせ目消し ⇒ サフ ⇒ パテ修正 ⇒ サフ2回目、の状態。

いい感じだ^^


8002.jpg
↑↑↑
年初に仕上げた、ソラシドエアと同型機。

ソラシドや777と並べるのが楽しみー!


⇒ ソラシドエア完成記事




posted by アイスオーレ at 16:01| Comment(0) | 1/200 旅客機製作

2017年09月15日

1/72 F−14A(ロービジ・凸線) 2


1/72 F−14A(ロービジ・凸線)製作、2回目はもう完成記事にしようかと思って
たんだけど、進捗を少し。


tc21.jpg
↑↑↑
ミサイルもこれだけ進行中。
今回、フェニックスは4発搭載予定。



tc22.jpg
↑↑↑
前回から、
デカール貼り ⇒ ツヤ消し+ツヤクリア吹き ⇒ スミ入れエナメル塗り&ふき取り ⇒
Mrウエザリングカラー・グランドブラウンでウエザリング・・・
というところ。

凸線キットも、ちゃんと塗装していくと愛着が湧いてくる。

なにより、トムキャットが3機揃うことにめっちゃワクワクしてきた!^^



では次こそ完成記事を、デンジャーゾーン!




posted by アイスオーレ at 17:35| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作

2017年09月09日

1/144 ルフトハンザ・エンブラエル190 完成



今日の記事は、ドイツレベル「1/144 ルフトハンザ・エンブラエル190」の完成編!


lh11.jpg


前の記事でも書いたけど、これはハセガワ製ではなく、ドイツレベル製のキット。

ヨーロッパを中心とした路線を運航する、ルフトハンザの子会社が保有している機材だ。

「ルフトハンザ・リージョナル」のロゴが映える!


lh03.jpg

lh04.jpg

全長 36.24 m、翼幅 28.72 m、全高 10.28 m。

キットの全長は、25.3cm だ。




そしてフライング!




lh09.jpg


lh08.jpg


lh06.jpg

う〜ん、どこから見てもカッコエエ!
(・・・と、いつもの自己満足^^)



では、エンジンを中心に周辺のアップ画像を。

lh07.jpg

lh15.jpg

lh14.jpg
↑↑↑
底面のダクトや各ロゴは全てデカールで、とくにスミ入れはしていない。
(もちろん模型的にはスミ入れした方が「映える」んだけど、僕は旅客機にはやらない^^)

あと最近は飛行機模型全般、塗装後とデカールを貼った後はともにアクリルクリアでTOP
コートして仕上げているので、乾燥時間を十分に取る必要がある。

とくに旅客機は仕上げもツヤクリアなので、3日以上は乾かさないと、すぐ指紋が付いてしまう
んだよね。。。。。

主翼前縁やインテークには、ミラーフィニッシュシートを貼るのが好みだ。
ともすればオモチャっぽく映るかもだけど、角度によってキラッと光るのがイイんだよね^^


lh20.jpg
↑↑↑
ドットコム!




ちょうど1年前に製作していた 「ハセガワ1/144 J・AIRエンブラエル170」 と並べてみる。
これがやりたかった〜!^^


lh12.jpg

lh13.jpg
↑↑↑
ジェイエアのエンブラエルは170型なので、この190よりも機体が短い。
こうして、おそらく並ぶことのない機材を並べられるのも、模型の楽しみであり醍醐味だ
(と思う^^)

ジェイエアは190も保有しているので、ぜひハセガワでも190をキット化してほしいなあ。
それはいつの日だろうか。。。。。




今回は発売後、ワリとすぐに入手して製作することが出来た。
新しいキットなので、パーツの精度も高く作りやすかったが、あいかわらずウイングに貼る
細〜いデカール貼りが超苦手^^;;;
このあたりは、余白部分で繋げて貼りやすくしてくれているハセガワキットのほうがユーザー
フレンドリー^^
まあ、今回もカットしつつ慎重に貼り終えたけどね。

現在続いて、ドイツレベルのA320を製作しているんだけど、このキットはうって変わって
バリ多し、合いがイマイチ・・・とパテ盛り、ヤスり、を繰り返しながら進めている。
好きな機種だけど、これでは複数機作るのはツラいな〜、というのが正直なところだ^^;

まあ、しかし、がんばるけどね!
(完成はいつになるかだけど)



lh10.jpg

アディオス!



posted by アイスオーレ at 16:46| Comment(0) | 1/144 完成品

2017年09月02日

1/72 F−14A(ロービジ・凸線) 1


暦通り少し涼しくなってきて湿度も下がり、がぜんエアブラシ塗装のヤル気がでてきた
このごろ。残暑はもう終わったのかな?という気候が実に心地いい^^


昨日、ルフトハンザ・リージョナルは最後のツヤ吹きが完了。
あとはエナメルでの部分塗装とフィニッシュシートを貼りたいんだけど、いつものアクリル・
クリアコートなので乾燥まで、少なくとも3日以上は置きたいところ。

で、その間は塗装直前まで進めていたトムキャットをチョイスし、塗装を開始!
凸凹のお店でも、ボチボチ進めていたアイテムだ。

今回の72トムキャットは「凸線ディテール」のキットで、ハセガワラインナップでも
初期の方のもの。
最近では各社で凹モールドのキットも出ているので敬遠していたんだけど、ワリと
リーズナブルなこともあるし、気分的にも手軽に仕上げられそうなので入手してた。


1401.jpg
↑↑↑
いつもどおりの黒立ち上げで、今回はF−16Fで使用したFS系グレーを使用。
しかし、その上から少し白を混ぜて吹き重ねたところ、凸線部分が白くなってしまった^^;
なるほど、こうなるのか。。。。と感心する。

しかし「凸線は、スミ入れが意外と映える」と、どこかで読んだことがあったので、これは
はたしてどうなることやら〜、とちょっと楽しみでもある^^



1402.jpg
↑↑↑
これを機に、昨年仕上げた2機のトムキャットも保管箱から出してきた。

左がハセガワの凹線キットで、右がフジミのトム。
もう一機増える・・!と思うとワクワクしてしまう^^

やっぱトムキャットはカッコイイな。
揃ってきたら今年のモデフェスで並べさせてもらおうかしら。






posted by アイスオーレ at 13:12| Comment(0) | 1/72 戦闘機製作