2017年08月01日

しんかい6500 (神戸開港150年記念・海フェスタ神戸)

先週(関西仮組オフ会の翌日)、神戸港第1突堤で「しんかい6500」が一般公開された。

今年は「神戸開港150年」ということで、記念の「海フェスタ神戸」というお祭りの一環として、
観測船や調査船を見学できるのだ。

思えば3年越しで完成出来たプラモの「1/72・しんかい6500」だけど、このタイミングで
ホンモノを見学できるなんて、なんとも出来過ぎたシナリオのよう(笑)

マジで、ゆっくり作っててよかった〜。。。。^^

しかも次に、バンダイ製「1/48 しんかい6500・推進器改良型」が控えているので、これは
ぜひとも!見に行かねばなるまい!

・・・ということで見に行ってきたよ。


    

「しんかい」を見るには、まず「しんかい」が搭載されている「よこすか(深海潜水調査船支援母船)」
の船内を見学する列に並ぶ。
結局、岸壁で40分ほど並ぶことになったけど、薄曇りでよかった〜。。。。^^
そしていよいよ見学、といっても指令所以外はほぼ狭い通路と階段を進むのがほとんどだった。
ようやく船尾に在る格納庫に辿り着くと、、、、、


s01a.jpg
↑↑↑
おお〜、しんかい!リアルしんかいがここに・・・!!
40分も並んだだけあって、すごい人だかりだ。


s02.jpg
↑↑↑
ついこないだプラモを仕上げたばかりのタイミングで、「リアルしんかい」に会える
とは・・・! と、何度も繰り返してた(笑)


s03.jpg
↑↑↑
格納庫がそれほど広くないためか、もう手が届くところまで近づいてみることが出来た。
サンプルバスケットは、やはり見事なフラットブラックだ・・・やはりフチは薄いな・・・
ケーブルはこんな感じか・・・と、100%モデラー目線 ^^;
というか、モデラー目線でしか見てないんだけどね〜。。。。


s05.jpg
↑↑↑
材質の違いが分かるな・・・なんてね。

s06.jpg
↑↑↑
アーム部分もここまで見れたら、もう1/48キット製作時に十分参考になるよ。


s09.jpg

アームの基部にも浮力材が(中空ガラスを原料とした、茶色い、レンガみたいなの)。

s14.jpg
↑↑↑
こんなところにLED投光器が・・・と思い、帰って48インストを見てみると、キットでも再現して
あった。さすがバンダイ!



s04.jpg
↑↑↑
観測カメラ群は、次回もケーブルをそれらしく再現すればいい感じになりそう^^
次はこれに近い塗り分けも出来ればいいな〜。


s07.jpg
↑↑↑
写真右下の覗窓、まるでダイオウイカの目のようだけど・・・
このレンズ部分だけ展示してあり、実際に覗き見ることが出来たんだけど、意外なほど良好な視界を
確保していた。
しかも、このレンズ自体も、深海の水圧で数ミリ縮むそうだ。深海の水圧、恐るべし!


s08.jpg
↑↑↑
このアングルいいぜ・・・


s10.jpg
↑↑↑
格納庫に貼ってあった図解ポスター。
今回は見れなかったが、コクピットの「耐圧殻」は内径2メートルほどだそう。
ここに3人も入って8時間も過ごすんだから、タイヘンそうだ。
マジで深海観測が好きじゃないと、出来ないな。


s11.jpg

s12.jpg
↑↑↑
格納庫内のこういう配管や構造も、モデラーとしては燃えるところ。



s13.jpg
↑↑↑
コクピット上の突起物、48プラモでも1パーツのようだけど、ここもディテールアップや塗り分けの
やりがいがありそうだ。


s15.jpg
↑↑↑
船体側面。
見学用にアクリル板が貼られていた。反射してるけど、このなかにも浮力材が見える。
本来は、機器の隙間にギッシリと詰められているようだ。

48キットでもなんとここ、クリアパーツが差し替えられる仕様。やっぱすげえなバンダイは〜!


s16.jpg
↑↑↑
船体を上下させる、垂直スラスタ。


s17.jpg
↑↑↑
船体後部に在る、72プラモ作ったときにスミ入れした「あの部分」!^^
スミ入れしただけのところを、間近に見れる楽しさ(笑)



つづいては、主推進器。
思わず、いっぱい撮ってしまった。

s18.jpg


一基だった「主推進器」が2基に増設されたほか、船体を水平に動かす「水平スラスタ」も、
船体の前後に増設された。(上側にある、プロペラの覗く穴)


s19.jpg


s20.jpg

カッケ〜 ^^

s28.jpg

リベットは、クロームシルバーか・・・とか思いつつ。



s21.jpg
↑↑↑
底面も、ついしゃがみこんで撮影してしまった。



s24.jpg
↑↑↑
天面に2基在るピンガーも、同じ大きさじゃないな・・・と、資料と違うところもチェック!



s22.jpg
↑↑↑
船尾。尾翼の付け根にあるはずの後部カメラがない。。。。

s23.jpg
↑↑↑
ということを、ちらほらいらっしゃるJAMSTECの方に勇気を出して聞いてみよう・・・
と思ったんだけど、次から次へとマニアオジーンたちがくっついて離れないので泣く泣く
諦める ^^;(こんな感じで・・奥が職員さん。:写真右下)



s25.jpg
↑↑↑
後部デッキには、しんかいを吊り上げる着水揚収装置、「Aフレームクレーン」が装備されている。


s26.jpg
↑↑↑
真下から見る。
このように2カ所で吊るすんだね。




s27.jpg


なんとなく見に来た感じの人たちは、けっこうさっさと降りていたので、デッキもそれほど込むことも
なく、意外とゆっくり見ることが出来た。
嬉し楽しかったな〜^^

満足してフネを降りると、職員さんが無料でペットボトルの水を配布してくれていた。
冷えてないけど在り難い。
そして降りてすぐのところに、物販のテントが。
もちろん、というかプラモも売っていて(ハセガワ・バンダイ両方)、小学生が欲しそうに
見ていたのが印象的だった。
・・・・オサーンは作るで!


s01.jpg
↑↑↑
これが乗り込んだ「よこすか」。全長は105.2m。
カッケーぜ・・!
このフネも、1/350くらいでキット化してほしいな。もちろん、ミニしんかい付きで^^

今朝はこの岸壁に並んでいた。
僕らが来た時には、このあたりまで並んでたのに、お昼過ぎの時点ではこのようにずいぶん人が
少なくなっていた。
午後から来た方がよかったかな?まあ、いいけどね。
マニアは一刻も早く見たいのだ(笑)

ということで、

・・・・ありがとう、JAMSTEC!



s29.jpg
↑↑↑
見学は前日だけだったようだけど、海上保安庁の巡視船も停泊していた。
ウミザル!


s30.jpg
↑↑↑
このあと、数年ぶりにポートライナーに乗って2年半ぶりに神戸空港へ行き、遅めのランチを
食べた。
日曜なのにお客の少なさ、相変わらず便数も少ないな〜、大丈夫かな〜、なんて思ってたら帰宅後
さっそく「神戸空港運営権売却」なんてニュースが飛び込んできた。
なにかとシンクロしている今日この頃だ。


それにしても疲れた!クタクタになった。
しかしプラモ製作のモチベは上がった!

乗り物好きとしては、しんかい、よこすか、巡視船、ポートライナー、旅客機と、オナカ
いっぱい(笑)

見に行ってほんとヨカッタよ ^^

posted by アイスオーレ at 10:22| Comment(0) | 艦船関連

2017年07月22日

1/48 F−16N・TOPGUN 完成

毎日暑いねー。

8月もずっとこんなだと思うとゾッとするけど・・・・
まあ、忘れず水分補給しながら、真夏のモデリングを楽しもう!

ということで、
こちらもブログを遡ること3月あたりから作り続けていた、

タミヤ 1/48・「F−16N TOPGUN」

が完成〜^^


fn01.jpg


F−16N BuNo.163271 アメリカ海軍戦闘機兵器学校「トップガン」
(1993年10月 カリフォルニア州・ミラマー海軍航空基地)


fn02.jpg

・・・と、塗装図面に書いてあった^^
ミラマー航空基地(映画「TOPGUN」で、訓練の舞台になっていた)で運用されていた、
海軍の仮想敵ファルコン。
キットのモチーフとなったこの迷彩パターンも、1993年10月に確認されたもののようだ。
ちなみにこれらのファルコンは、95年には全機退役している。


fn03.jpg

fn04.jpg


タミヤの48ファルコン製作は2機め。
今回使用したキットは「F−16CJ」で、以前作った「F−16C/N」の取り説を見ながら、
余剰パーツとデカールを使って仕上げた。
(・・・なのでまあ、細かい部分での差異はあると思うけど気にしない!)


fn04a.jpg

fn04b.jpg
↑↑↑
パイロットはヘッドマウントディスプレイタイプのヘルメット(頭部)にしたんだけど
キャノピーが反射して分からないじゃねえか^^;


fn05.jpg
↑↑↑
F−16C・アグレッサーにも装備されていた「ACMI(通信)ポッド」。

fn06.jpg
↑↑↑
「AIM−9M サイドワインダー」。

fn07.jpg
↑↑↑
真鍮線に置き換えた、放電索。
今回も、ちょっとやそっとでは折れへんで!


fn08.jpg
↑↑↑
アグレッサー(アドバイザー)機で、こんなに増槽積むことはないんでしょうが
これはもう模型的好みとしか言いようがない^^
今回は脚庫内の配線はオミット。


fn09.jpg
↑↑↑
裏返して撮って、画像を回転。
バーティゴ!(空間識失調)




最後に、3月に仕上げた ハセガワ 1/48・F−16F「アラブ首長国連邦空軍(UAE)」
と並べてみる。

fn12.jpg

fn13.jpg

比較的小型な機体の1/48といえども、72トムキャットよりは大きいのでやはりなかなかの
存在感。

ますます保管場所に困るようになって来たけど、いずれもう1機は作ってみようと思っている。
その前に系列機、というかF−2のキットがあるのでやはりそれになるかなー。


・・・次は宇宙へ!
posted by アイスオーレ at 12:19| Comment(0) | 1/48 完成品

2017年07月17日

1/72 しんかい6500

ハセガワ・サイエンスワールドシリーズ01
1/72スケール・有人潜水調査船「しんかい6500」

が完成!

s01.jpg

ようやく完成や〜、とホッとした^^
ブログを読み返すと、夏になると少し進めてはハコに戻し、を繰り返していたことで
実に3年もかかってしまったので。。。。
構成的にも、全然難しいキットじゃないんだけどねー。

この間、実在機のほうは主推進器が改良されて2基になっている。
なのでこれは、いまさらだが初期型モデル。

s02.jpg
↑↑↑
パッケージ画のように、天面からの気泡も綿で再現してみた。
本体には真鍮線で接続。

s03.jpg

s04.jpg

s05.jpg
↑↑↑
カラーリングは、白地に薄っすらブルーのグラデーションを入れた。
(天面のオレンジにも)
涼しげな感じがこの季節にピッタリ^^


s06.jpg
↑↑↑
アームとカメラ周りのケーブルが省略されているので、極細リード線を使用した。
(けっこうテキトウ^^;)
サンプルバスケットは、やはり後発の金属製キットパーツのほうがいい感じ。。。。


s07.jpg

s08.jpg
↑↑↑
改良されてしまった一基配置の主推進器だけど、これはこれで味がある。
ちなみに垂直尾翼手前に2つ設置されているのがピンガー。


s09.jpg
↑↑↑
底面にはバラスト(鉄板)も設置。


s10.jpg
↑↑↑
展示スタンドは、アクリルガッシュで涼しげに描いた^^


s11.jpg

・・・とまあ、ようやく完成出来たダッシュ(走り出すさま) ・・・・初期型しんかい6500 なんだけど、
実はバンダイの1/48キット(推進器改良型)も積んでいる、というね。

まだまだしんかいを作る旅はつづくー!



posted by アイスオーレ at 20:54| Comment(0) | 1/72 完成品

2017年07月10日

羽田空港(2017/06) 3

さて今回は、羽田空港(2017/06)記事の最終回。

そろそろプラモの記事も載せたいしね〜^^


まずはロゴがカッコいい、スターアライアンス。

1997年に設立された、世界初で世界最大の航空連合。
その加盟会社による就航国は190ヶ国余り、1,300以上の空港に達し、1日当たりの便数は
21,000便を超える。(Wiki情報)


k01.jpg

k02.jpg

k03.jpg

k04.jpg

k05.jpg

k06.jpg
↑↑↑
最後はANAブルーと。
こうして見るとけっこう撮影してたな。
ホント、このロゴのキット(もしくはデカール)が欲しい。。。。。
とはいえ、あくまでも適正価格で!



つづいて北海道AIRDO。

k10.jpg

k11.jpg

k12.jpg

k13.jpg
↑↑↑
同社の機体が並ぶとワクワク^^
AIRDOも、初めて仕上げた旅客機プラモ、ということで愛着がある。
(最近、また1アイテム買ってしもうた^^;)



k14.jpg
↑↑↑
そして、AIRDO同様神戸でも見られるスカイマーク。
ウイングレットにハートマーク。
これも、このロゴのキット(もしくはデカール)が欲しいのよ。もちろんあくまでも
適正価格でね。

それといつか、完成品じゃなく、1/200(1/144でもいいけど)航空車両セットの
キットも。。。。。。。頼む〜!^^;



k15.jpg
↑↑↑
空港らしいよね。
やっぱこの雰囲気がイイわー。
旅人たちの流れを眺めながら、贅沢にPALM食べてやったぜ^^

k21.jpg
↑↑↑
そして最後に向かったのが、国内第1ターミナルの展望デッキ。
ここからは、管制塔が間近だ。





k22.jpg
↑↑↑
くまもん付きソラシドエア、ちょっと遠かったな。。。。


そしてコチラはJALがメイン。JAL機もごった返す。
(管制塔から見ると、そうでもないんだろうけど)

k23.jpg

k24.jpg
↑↑↑
一見同じようだが、一番上の機体が違う!^^
機体、車両、ひとがフレーム内にひしめいているのは、やはり何度見てもワクワクするねー。



k25.jpg
↑↑↑
とまあこの日は、一日こんな天気だった。
キツイ日差しにヤラれることなく、存分に旅客機ウォッチを楽しめたよ。

羽田は往復のモノレールも、ターミナル間のシャトルバスに乗るのも楽しいんだよね。
せっかくなんで、行ったらいっぱい楽しんじゃうの!

また行きて〜^^

(終わり)


posted by アイスオーレ at 21:16| Comment(0) | 旅客機関連

2017年07月01日

羽田空港(2017/06) 2

7月になったけれど、「羽田空港(2017/06)」 記事の2回目。

今回はデザイン的にも好みの「ANA」ばっかりだ^^


i17.jpg

i18.jpg
↑↑↑
ANAでごった返す。いい感じ!
管制塔から見たら、そんなに混んでないんだろうね。
しかしさすがにここまでの情景は、伊丹ではまだ見ていない。それがまたステキ^^



i19.jpg

i20.jpg

i20a.jpg



そして787。



i22.jpg

i21.jpg
↑↑↑
やっぱカッケエエぜ。。。。



i23.jpg



i24.jpg
↑↑↑
ANAツリー。
まごうことなき東京の景色。



i25.jpg

i25a.jpg



i25b.jpgi25c.jpg
↑↑↑
これがこうなって、


i25d.jpg
↑↑↑
こうなる!




i26.jpg
↑↑↑
キレイめなエンジンカウルと

i27.jpg
↑↑↑
ちょっとくすんでるカウル。
これもカッコイイ。もう1機、787プラモは汚れ半ツヤバージョンで行こう^^



i28.jpg

i28a.jpg
↑↑↑
コンテナの搬入は腕力で!そして女性職員さんがやっていたのが印象的だった。
オッサンは上でしゃべってる。



ということで、次回は最終回!




posted by アイスオーレ at 19:15| Comment(2) | 旅客機関連