2018年05月10日

1/200 エアバスA320neo 3


ハセガワのNEWキット、

1/200 エアバスA320neo 製作の3回目。


neo31.jpg
↑↑↑
今回はボディと両エンジンの白(EXホワイト)を吹いた。
主翼の塗り分けは、また後日^^


neo32.jpg
↑↑↑
ウイングレットもブルーのグラデーションが入るので、下地に白を
吹いておいた。




そしてドイツレベル「エアバスA320・エティハド航空」、

今回も ホビコム に投稿したよ!

e07c.jpg

↑↑↑

チェキラ!


posted by アイスオーレ at 08:25| Comment(0) | 1/200 旅客機製作

2018年05月08日

1/200 エアバスA320neo 2


ハセガワのNEWキット、

1/200 エアバスA320neo 製作の2回目。

1/200・A320は、以前バニラエアを仕上げたので作るのは2機めだ。


an21.jpg
↑↑↑
本日は2回目のサフ吹きを。

僕の旅客機模型製作では、全体にスポンジヤスリをあててから

パーツを流し込みセメントで接着 ⇒ 合わせ目消し ⇒ サーフェイサー吹き ⇒
ラッカーパテでキズ埋め ⇒ キズ消し ⇒ 2回目のサーフェイサー 

・・・というのがいつものセオリー。
瞬間接着剤や、粘度の高いセメントは使わない。
サフは、1000番以上のものを使うよ。

とまあ、特別なことはしてません^^

で、あらかたこれで塗装に入れる。 
今回もこれでOKやったで。



kk51.jpg
↑↑↑
先日凸凹のお店さんに預けた AIRDO北海道、
ブログよう見たら完成記事書いてなかったがな! ^^;

月末のオフ会でまた撮影させてもらおう。。。



hr01.jpg
↑↑↑
そしてキタで! 1/48ハリアーII!

ようやくデカールを貼り終え、ツヤコート吹き終了!
いよいよ汚しに入るで!

ようやく仕上げの段階だ。
ファントムに続いて今年2機めの戦闘機製作、コチラも完成が楽しみ
やで!


posted by アイスオーレ at 18:02| Comment(0) | 1/200 旅客機製作

2018年05月04日

1/144 エティハド航空 エアバスA320 完成


e01.jpg


ドイツレベルのキット、「1/144 エティハド航空 エアバスA320」
が完成やで!
主に尾翼側の、カラフルで派手なデザインが特徴だ。


e02.jpg

完成時の全長は約26cmあるので、いつもメインで製作しているハセガワ・1/200
キットよりも存在感、迫力がある。
(1/200スケールの同じくエアバスA320は、18cmほど)




e03.jpg

e05.jpg

e04.jpg
↑↑↑
この機材も伊丹空港では見られないので。。。。。
いつもどおりの「模型の醍醐味」^^ いろんな角度で撮影して楽しむよ。
今年はいよいよ関空に見に行こうかな。




e07.jpg

e07b.jpg

e06.jpg
↑↑↑
やっぱり社名ロゴがカッコイイよね〜^^ 珍しいし。
下側のロゴはわりと大きめのデカールで、機材表面も凸凹してたり2種の曲面部分を
またぐので、2文字づつ切って、位置調整しつつ貼ったよ。


e07a.jpg
↑↑↑
機体後部と尾翼のデカールはキット最大の難関・・・であり、楽しみだった^^
ここも数カ所カットしながら、貼っては乾燥させて曲面に馴染ませ、を繰り返し、
数日かけてゆっくり作業を進めた。
全部貼るのに1週間以上はかけたよ。(まあ、他のキットも作ってたから^^;)
デカールは、国内産よりも少し固め。


e07d.jpg
↑↑↑
エンジンのインテークと翼前縁には、いつものミラーフィニッシュシートを使用。
これ好きなのよね^^


e07c.jpg
↑↑↑
コクピットの窓はクリアパーツで別パーツなんだけど、合わせ目を消して
黒く塗った。
この辺りは、デカールで処理する1/200キットのほうがラクだナ〜^^;




e08.jpg
↑↑↑
今回は、デカール保護でいつものツヤクリアを吹いた後、プレミアム半ツヤ
を吹いて仕上げてみた。(研ぎ出しはしない)

先日、凸凹のお店の店長さんと話してて、そういう気分になったんだけど、
思いのほかツヤ寄りの半ツヤで、個人的にもいい感じに仕上がって気に入って
いる。
スケール的に、1/200ではイマイチになるような気がするけど・・・・・
いま製作中のNEOで試してみようと思う。



e09.jpg
↑↑↑
もし千里川堤防で見られたら、こんな感じ・・・!
というね。



なにかと手間がかかったけど、今回も楽しかった^^

合わせ目を消した後、製作テンションが下がり、部屋の片隅で数か月ホコリを
かぶってたこのキット・・・・
やっぱり、「仕上げるタイミング」というのはあるよね。

製作中に飽きてしまい、別のキットを作り始める・・というのは、普通によくある
ことで。
でもグルっと周って、またそのキットに帰ってくるから不思議。
(それを何回も、何年も、繰り返すこともあるけど^^;)

けどまあ、
どんなキットでも、最高に楽しめるタイミングで作らないともったいないからね^^

ということで、

またきっとドイツレベル旅客機キットも作るでしょう。
(A380もあるのよ・・・・^^;)


posted by アイスオーレ at 17:19| Comment(0) | 1/144 完成品

2018年04月27日

1/144 エティハド航空 エアバスA320 3



ドイツレベル製キット、「 1/144・エアバス A320 “エティハド航空"」

の製作記事3回目。


e21.jpg


思いのほか時間がかかったけど、ようやくデカール貼りが終わった^^

主に、機体後部の局面に大きめのデカールを貼るので、時間をかけて慎重に
進めてた。
(まあ、他にもあれこれ同時進行してるからなんだけどね^^;)


e22.jpg

航空会社のロゴもバッチリ!
いよいよ最後のツヤクリアーを吹き、仕上げに入る^^


それでまあ今日は他にも、


e23.jpg
↑↑↑
久っさしぶりにプジョー206WRCを引っ張り出してきて、
デカール貼りを進めた。
これもエティハド航空と同じく、曲面に慎重に貼っていくタイプ。
まだまだ時間がかかりそうだ。



e24.jpg
↑↑↑
そして最近観た映画「パシフィックリム・アップライジング」から
小型イエーガー「スクラッパー」の仕上げを。

仕上げと言ってもこれ自体がワンパーツなので、
一体化している箇所を削り、省略されているところを工作したり。
まあ、資料が少ないのでそれらしくね^^

ご覧のとおり2cm弱の大きさだが、劇中では15mほどの設定だ。
イエーガーって大きいな。


posted by アイスオーレ at 18:00| Comment(0) | 1/144 旅客機製作

2018年04月17日

1/144 エティハド航空 エアバスA320 2



1年ほど前に購入したものの、ようやく進みだした
ドイツレベル製キット、「 1/144・エアバス A320 “エティハド航空"」
製作。

前回サフを吹いて乾燥したので


eh21.jpg
↑↑↑
ウイング上面をマスキング塗装。
その次は


eh22.jpg
↑↑↑
独特の機体色を、翼をマスキングして塗装。

ホワイト + クリアオレンジ + シルバー だったんだけど、シルバーもう少し
入れた方が良かったのかな・・・
まあ、パッケージっぽい良い色になったのでOK^^



eh23.jpg
↑↑↑
クリアを吹いて乾燥させた現在は、デカール貼り中。

ご覧のとおり、曲面に面積のあるものを貼るので、いい感じにカットしながら、
一晩おいてシワをマークセッターとお湯で修正しながら。

ゆっくり進めてますよ^^

posted by アイスオーレ at 16:57| Comment(0) | 1/144 旅客機製作